【民泊】Airbnbで活用できるセルフチェックインシステムとは?
公開日: 2023/10/31 最終更新日: 2024/01/31
【民泊】Airbnbで活用できるセルフチェックインシステムとは?

Airbnbによる民泊を始める際、宿泊者とのコミュニケーションや、チェックイン手続きが必要です。そこで、宿泊者たちだけで部屋に入室できるセルフチェックインシステムが役立ちます。この記事では、Airbnbで活用できるセルフチェックインシステムについて詳しく解説しているので参考にしてください。

宿泊施設のセルフチェックインシステムとは

セルフチェックインシステムとは、宿泊施設において、フロントデスクやスタッフの介入なしで、宿泊者が到着手続きを行うシステムのことです。このシステムを導入することで、宿泊者は、予約確認やチェックイン手続き、鍵の受け渡しで待たされる時間を短縮できます。

とくに、世界的な民泊サイトであるAirbnbでは、セルフチェックインが一般的に利用されています。施設の管理者は、事前に宿泊施設にシステムを導入し、宿泊者にチェックイン手順を伝え、鍵の受け渡し手続きなどを簡略化しています。宿泊者はこれらの手順に従って、自分自身で宿泊施設に入室可能です。

このシステムの利点は、さまざまです。まず、宿泊者が自分の予定に合わせて到着の手続きができるため、旅程の変更や遅延があっても柔軟に対応できます。また、フロントの混雑を避けることもでき、快適な滞在が期待できます。

施設の管理者側でも、人件費を削減できる利点は大変魅力的です。うまくシステムを構築することで、フロントデスクのスタッフが不要になるため、人件費のコストカットが可能です。

さらに、鍵の紛失や不正利用のリスクが低減するなど、セキュリティ面でも優れています。セルフチェックインシステムは、宿泊者と施設の管理者双方にとって、便利で安全な方法として、宿泊施設の運営において重要な役割を果たしています。

Airbnbで活用できるセルフチェックインシステム

Airbnbは、部屋の貸し手と借り手をつなげる世界的なオンライン予約サービスで、手軽に利用できるのが特徴です。Airbnbに掲載されている宿泊施設は、民泊に似た形態をもち、宿泊価格はホテルより安いのが一般的です。

多くのスタッフを配置するなど、管理費を多くかけると赤字になってしまいます。したがって、人件費を削減してチェックインを半自動化できるセルフチェックインシステムは大変重要です。

このシステムを利用しなければ、常にフロントにスタッフが常駐しなければならず、Airbnbのコンセプトである安さ、手軽さを最大限に引き出せません。そのため、Airbnbを活用した宿泊所には、セルフチェックインシステムを導入することをおすすめします。

具体的な方法は宿泊施設によって異なりますが、キーボックスやスマートロック、キーパッド、スタッフ常駐などの選択肢により、鍵を提供しています。セルフチェックインシステムを導入することで、宿泊体験が向上し、宿泊者にとっても施設の管理者にとっても便利です。Airbnbを活用する場合は、セルフチェックインシステムの導入を検討してみてください。

セルフチェックイン(鍵)の種類

キーボックス

キーボックス型は、あらかじめ設定された暗証番号を入力すると、ロックが開き中に入っている鍵を取り出す仕組みです。3つの種類の中で、最も多くの施設に用いられています。

また、コストを低く抑えている反面以下のリスクを伴います。

・鍵の紛失
・暗証番号が盗見され、第三者の侵入を許す
・キーボックスが破壊され、鍵を盗まれる

人件費や設置費がかからないだけに、デメリットが高いため対策を考える必要があります。

テンキー錠

テンキー錠はセットされた暗証番号を入力すると開錠する仕組みです。鍵本体がないため、紛失の恐れがなくなり管理に困りません。しかし、以下のデメリットがあります。

・取付工事が必要
・引き戸だと設置できない場合がある
・暗証番号の変更に手間がかかる

鍵の管理は不要になりますが、暗証番号はしっかり管理しておく必要があります。

スマートロック

スマートロックは、近年から普及し始めた製品で専用のアプリや端末を通じて、開錠をします。クラウド経由で、暗証番号の変更も可能です。

テンキー錠と似たような製品ですが、スマートフォンで開錠・施錠できるという違いがあります。便利な一方で、以下のデメリットがあります。

・取付工事に費用がかかる
・電池交換が必要
・ブランドによって設置方法が異なる

スマートロックには、さまざまなブランドがあるため運用方法の確認が必要です。

セルフチェックインシステムを提供する際にすべきこと

Airbnbを利用した宿泊サービスにおいて、セルフチェックインシステムを提供する際には、注意すべきポイントがあります。

まず、セルフチェックインシステムによる無人化を実現し、チェックイン手続きを簡素化しましょう。対面での鍵の受け渡しは確実ですが、セルフチェックインの利便性は低くなります。キーパッド、スマートロック、キーボックスなどの設備を選択することが、人件費削減と利便性の向上に有効です。

キーボックスはリーズナブルで使いやすく、実物の鍵を使用できるメリットがあります。同様に、キーパッドは暗証コードを使っての開錠であるため、鍵の必要がなくなります。どちらも利便性は高いですが、暗証番号の変更など、手間が発生することも考慮しましょう。スマートロックは、宿泊者がモバイルアプリやキーパッドを使って自己チェックインできるため、手間がかからず、人件費の削減に大きく貢献します。

一方で、スマートロックやキーパッドの正確な場所や使い方を、宿泊者に分かりやすく説明することも重要です。せっかくの便利なシステムも、うまく使えなければ機能しません。また、チェックインの手順も、宿泊者に確実に伝えることが非常に重要です。Airbnbのアプリ内に詳細な説明を記載できるので、活用しましょう。

さらに、スマートロックは、スマートフォンの電波やバッテリー残量に依存するため、鍵として使えなくなる可能性があります。問題が発生した場合に対応できるよう、施設の管理者の連絡先を、あらかじめ宿泊者に伝えておきましょう。

以上のことに注意することで、セルフチェックインは、時間の節約と利便性を担保する手段になり、すばらしい宿泊体験に貢献してくれるでしょう。

まとめ

Airbnbにおいて、セルフチェックインシステムを活用することは、宿泊施設の運営を効率的にし、宿泊者の滞在を快適にできる重要な要素です。キーボックス、スマートロック、キーパッドなどの注意点について理解し、利便性の高いチェックイン手続きを提供することが求められます。

また、事前のコミュニケーションやチェックイン手順の明確な伝達も忘れてはなりません。セルフチェックインは、宿泊者と施設の管理者の双方にとって利便性が高く、メリットの大きいシステムです。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは