ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは

公開日:2023/08/01最終更新日:2023/11/17

ホテルや民泊の経営において現在課題とされているのが、人材不足や人件費の削減です。人手は足りないけれど人件費は削減したいという矛盾が生まれていることもあり、その課題をどのように解決していくか頭を悩ませている経営者も多いでしょう。

また、人の手によるさまざまな手続きのなかでもとくに金銭面については、レジ金が合わないなどのトラブルが発生するリスクもあります。繁忙期などは同じ作業を長時間繰り返すことになるため、人の手による作業ではミスが発生しやすくなってしまうでしょう。

さらに昨今では、感染症対策やインバウンド対応などによって経営者の負担も大きくなっており、スムーズな対応ができないことでゲストはストレスを感じてしまうこともあります。そのほかにも、フロントのスタッフはチェックイン時間に間に合わないゲストを待たなければならなかったり、一度に多くの方がチェックインする場合にフロントが混雑してしまい、対応に追われてしまったりと負担を感じる場面は多いです。

このような問題を解決し、スムーズな対応ができるホテル運営や民泊運営をしていくことが、スタッフの負担軽減や顧客満足度の向上に繋がっていきます。では、この問題を解決するためにはどうすればいいのでしょうか。

セルフチェックインシステムの導入でさまざま問題を解決!

FlexIN(フレックスイン)の画像1

ホテルや民泊の経営で直面するさまざまな課題は、セルフチェックインシステムを導入することで解決することができます。セルフチェックインシステムは、従来のチェックインの作業を、事前にインターネットなどを用いて済ますことができるシステムのことを指し、宿泊施設に到着後はアプリなどでQRコードをかざすことで、スムーズなチェックインができます。

これにより、フロントにつねにスタッフを配置しておく必要がなくなるため、人件費削減や人員不足の問題を解決できるのです。さらに非対面・非接触での手続きとなるため、感染症対策を意識しているゲストにも安心してもらえるでしょう。

そしてフロントの手続きをシステム化することにより、ゲストを待つ必要がなくなり、混雑時もスムーズなチェックインができるようになります。もちろん予約や会計などの人的なミスも防止することができ、スタッフの負担を軽減できるでしょう。

さらにセルフチェックインシステムは多言語対応していることから、海外からのゲストにもスムーズに対応できるのがメリットです。とくに混雑しやすいチェックインやチェックアウトの時間帯も、待ち時間を短縮できるので、ゲストが感じるストレスも減らすことができます。

このように、さまざまな問題を解決してホテルや民泊の運営をスムーズにしてくれるセルフチェックインシステムですが、昨今のニーズの高まりにより現在多くのシステムが発売されています。多数のシステムのなかでもとくにおすすめなのが「FlexIN」です。

スマホでログインができる

FlexINでは、多くのシステムで採用しているタブレットでのチェックインではなく、利用者が所持しているスマートフォンでのログインができるという特徴があります。自分のスマートフォンであれば操作にも慣れており、外国人のゲストでも戸惑うことなくチェックインの手続きが完了します。 また管理者や利用者ともにアプリのインストールを行う必要もないため、手軽に利用できるというのも大きなメリットです。もちろん、必要な場合はタブレットでの対応も可能となっています。

低価格で利用できる

セルフチェックインシステムの導入において、多くの方が不安に感じる費用面も、FlexINなら安心です。初期費用は5万円~、1室あたりの月額料金は1,500円~となっており、小中規模の民泊でも大きな負担になることはないでしょう。 これが実現できるのは、FlexINがWEB上でのアプリケーションで完結するシステムだから。一般的なセルフチェックインシステムの場合はOSに依存してしまうため、筐体のバージョンアップを行う場合にアプリもバージョンアップしなければならず、ランニングコストが高くなってしまいます。その点、FlexINならOSに依存する必要がないため、ランニングコストを抑えられるのです。

機能が充実しており柔軟性が高い

低価格なシステムの場合、機能が不十分で満足できる運用ができなかったり、標準機能では足りずにオプションで機能を追加しなければならず、結局高額になってしまったりというケースもあります。その点FlexINなら、本人確認に必要なビデオ通話、パスポートデータ取得、手書きサイン取得などの充実の機能が標準搭載されています。 さらに、カスタマイズ機能によって必要なフローのみに絞ることも可能なので、ユーザーにとって使いやすく、より良いチェックイン手続きを柔軟に提供することができるようになるでしょう。価格だけでなく、機能面でも安心して導入できるのがFlexINの強みです。

FlexINの導入で民泊経営を効率的に!

民泊などの宿泊施設経営で、できる限り少ない人材で質の高いサービスを提供するためには、セルフチェックインシステムの導入は必須となってくるでしょう。FlexINでは、スマートロックやサイトコントローラーなどのシステムとの連携も可能なので、より効率的な経営が可能になるはずです。ぜひFlexINを導入し、顧客満足度の高いサービスを提供しましょう!

FlexIN(フレックスイン)の基本情報

初期費用5万円~
月額1部屋あたり1,500円~
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能
対応言語・日本語
・英語
・中国語簡体字
・中国語繁体字
・韓国語
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCK
連携可能な
サイトコントローラー
ねっぱん!サイトコントローラー++、Beds24
問い合わせ方法 TEL:03-3669-4770(平日9:00~17:30)
公式サイト問い合わせフォーム