SmartInn(スマートイン)
公開日: 2023/10/30 最終更新日: 2023/11/06

SmartInn(スマートイン)

SmartInn(スマートイン)

機材の導入を必要としないペーパーレスなチェックインシステムが魅力!

おすすめポイント

ポイント1 フロントレスチェックインで無人化
ポイント2 オプション機能を付与することで効率化
ポイント3 さまざまなソフトやIoTとの連携で自動化

基本情報

初期費用1万5,000円~3万円
月額※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
タブレット設置不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCK、SESAME
連携可能な
サイトコントローラー
Beds24
問い合わせ方法公式サイト問い合わせフォーム

SmartInnは、チェックイン時の機材を必要とせず、フロントなどに専用のQRコードを設置するだけですぐに導入できるホテルシステムです。開業する際のサポートや集客、顧客対応や客室の掃除なども任せられます

民泊代行をお考えの方や、ペーパーレスなチェックインを再現したい方に適しているでしょう。今回は、そんなSmartInnの特徴と魅力をわかりやすくご紹介します。

SmartInn(スマートイン)の特徴①無人化できる

SmartInn(スマートイン)の画像2SmartInnは、フロントに従業員を配置しなくてもよいシステムを搭載しています。チェックインの手間が省けたり、少ない従業員数で宿泊施設が運営できたりするでしょう。

フロントレスチェックイン

SmartInnは、フロントに専用のQRコードを設置すれば宿泊客がチェックインできるフロントレスチェックインを採用しています。フロントにQRコードを設置するだけなので、すぐに導入できるメリットがあるでしょう。

また、フロントにチェックインのための機材を設置する必要がないため、機材分の経費がかからないメリットもあります。宿泊客は、専用のQRコードをスマホで読み込むだけなので、かんたんにチェックイン手続きができるでしょう。

フロントレスチェックインでは、宿泊する部屋の鍵を手渡す場合はもちろん、キーボックスやスマートキーにも対応できます。チェックインした後に通知したい情報を宿泊客に自動で通知できるため、従業員が都度説明する手間を省けるでしょう。

ほかにもSmartInnでは、電子利用者名簿機能を使えるため、名簿の管理がラクになります。顧客名簿はデータとして活用できるため、宿泊客をおもてなしできるヒントとなるでしょう。

SmartInn(スマートイン)の特徴②多彩な料金プラン

SmartInn(スマートイン)の画像3SmartInnには、宿泊施設の状況に合わせた多彩なプランがあります。どのプランにするのか迷ってしまう場合には、気軽に相談してみましょう。

手動予約プラン

予約の件数が多くない宿泊施設を運営している場合は、手動予約プランがおすすめです。手動予約プランには、初期費用が1万5,000円、月額の利用料は1部屋あたり1,500円かかります。また、手動予約プランでは、QRコードチェックインやチェックインガイド、電子宿泊台帳や予約カレンダーといったサービスが受けられるでしょう。

PMS連携プラン

運営自動化できるBeds24を使っている方におすすめなのが、PMS連携プランです。PMS連携プランは、初期費用3万円、月額利用料が1部屋あたり3,000円で利用できます。PMS連携プランは、QRコードチェックインやチェックインガイド、電子宿泊台帳のほかに、予約情報自動取り込みやチェックインURL自動送信といったサービスも利用できるでしょう。

抱き合わせプラン

SmartInnに運営など一括でお任せしたい方に適しているのが、抱き合わせプランです。抱き合わせプランは、初期費用3万円、月額利用料は1部屋あたり6,100円で利用できます。抱き合わせプランは、通常よりもお得に利用できるプランなので、できるだけ経費をおさえたいと考えている方にも適しているでしょう。

SmartInn(スマートイン)の特徴③頼りになる民泊代行

SmartInn(スマートイン)の画像4SmartInnでは、民泊代行サービスを提供しています。民泊運営をトータルサポートしてくれるため、民泊運営者はもちろん、はじめて民泊を運営する方でも安心でしょう。

営業許可取得

SmartInnは、営業許可取得に関するさまざまな手続きをサポートしてくれます。営業許可取得の際に各行政機関とさまざまなやりとりをする必要がありますが、民泊運営者に代わって SmartInnが営業許可取得時の各行政機関とやりとりをしてくれるので安心です。

また、予約サイト掲載や宿泊施設の運営、掃除や宿泊客の対応まで幅広く請け負ってくれます。予約サイトの掲載は、楽天トラベルやじゃらんなどの予約サイトだけでなく、自社予約サイトの掲載も可能です。SmartInnが一括対応してくれるので、宿泊施設運営者は助かるでしょう。

空いてる不動産を有効活用できる

宿泊施設を運営する際、運営に関わる労力はとても大きく、宿泊施設運営に躊躇してしまう方も少なくないでしょう。SmartInnでは、宿泊施設の運営を代行してくれるため、トータル的に任せられます

空き家や空テナントを有効活用できていない方にとって、SmartInnは大きな助けとなるでしょう。空き家や空テナントは所有しているだけで固定資産税などがかかってしまいますが、宿泊施設として運営すれば、収益化できる施設として有効活用できるのです。

SmartInn(スマートイン)の特徴④徹底分析による収益率の高さ

SmartInn(スマートイン)の画像5SmartInnは、宿泊客のレビューや属性、行動データを把握しつつ分析してくれます。データによる細かい分析は、運営する宿泊施設の収益によい結果をもたらしてくれるでしょう。

運営コストを削減

SmartInnでは、独自に開発したソフトウェアを用いて、市場データや顧客データを分析します。宿泊施設運営者が施設を運営しながら市場や顧客のデータを把握して分析するには、時間が足りなかったり、労力がかかったりするため大変です。

SmartInnは、宿泊施設運営者がなかなかできない大変な業務を請け負ってくれるため、大きな助けとなるでしょう。しっかりと市場データや顧客データを分析し、さまざまな改善点を見つけてくれるため、運営コストの削減にもつながります。

おもてなしの心を詰め込んだ民泊運営が実現する

SmartInnでは、どうすれば宿泊客が気持ちよく満足してくれるのか、宿泊客に喜んでもらえるためにはどうすればよいのか、というおもてなしの心を大切にしています。SmartInnは、システマチックな印象がありますが、根底には宿泊客におもてなしをするという気持ちがあるのです。

まずは資料請求してみよう!

SmartInnでは、フロントレスチェックインを採用しており、無人フロントやペーパーレスを実現できます。また、民泊代行サービスも行っているので、民泊運営がはじめての方や民泊運営する時間がない方は助かるでしょう。

独自のソフトウェアでデータ分析などもしてくれるため、収益化にも繋がります。そんなSmartInnが気になった方は、気軽に資料請求してみましょう。

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

迷った方におすすめ!

【PR】FlexIN(フレックスイン)

FlexIN(フレックスイン)

フレックスインは、事前に登録をするだけで、宿泊者が自分でチェックインできるサービスです。利用者と事業者どちらの使いやすさも考えたサービスを提供しています。

フレックスインの大きな強みは、業界最安値で提供できることです。ランニングコストを大幅に抑えているので、宿泊者も利用しやすい価格になっています。

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは