Tabiq(タビック)
公開日: 2023/10/31
Tabiq(タビック)

タビックは、福岡に拠点を置く株式会社リクリエが開発した宿泊施設向け非対面チェックインシステムです。タビックを導入することで、繁忙期でも無人化や省人化フロント業務が可能で、記帳台帳はデータを管理できるので、宿泊施設にとってさまざまなメリットがあるでしょう。そこで今回は、タビックの特徴を詳しく解説します。

タブレット型のチェックインシステム

タビックは、コロナ禍により導入する宿泊施設が増加した非対面チェックインシステムです。ここでは、タビックについて解説します。

タビックとは

タビックとは、宿泊施設向けのタブレット型非対面チェックインシステムです。タビックは、福岡に拠点を置く株式会社リクリエが開発し、同社が全国58か所に展開しているホテルチェーンである「グランドベース」に導入しています。そのほかにも、iPad を使用するSaaS型チェックインシステムを全国のホテル、旅館、民泊などの施設に提供しています。

タビックの機能

タビックは、日本語・英語・韓国語・中国語の4か国に対応していて、カメラ機能によりパスポート情報の確認や取得などが可能です。そのほかにも、対面チェックインの代行を目的としたビデオ通話などの機能を搭載しているため、自治体の条例に合わせた記帳や取得項目を自分好みにカスタマイズできます。

また、マスク着用でも同時に最大10名の顔認証が可能なので、ゲストが宿泊前に顔写真を登録しておけば宿泊当日に記帳や入室がスムーズに進みます。それ以外に、タビックが提供する「事前チェックイン」を活用すると、宿泊者はホテル到着後に現地で操作する必要がほぼなくなるため、フロントの混雑緩和に貢献できるでしょう。

導入までの流れ

導入までの流れは、まず問い合わせフォームに必要事項を入力し送信します。リクリエにて送信した内容を確認後、詳細の聞き取りや希望のカスタマイズのヒアリングを実施。その後、リクリエ側から導入に向けた説明をして、議題解決やカスタマイズなどについて詳細打合せとなります。打ち合わせの内容に納得したら契約してタビックの導入です。

タビックを導入するメリット

タビックを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、タビックを導入するメリットについて解説します。

人件費削減

タビックは、タブレットなどを活用した非対面のチェックインシステムのため、フロント業務の無人化や省人化ができるため、人件費の削減が可能です。また、タビックを導入することにより、管理業務の遠隔化や一元化ができるようになることで、より人件費の削減効果に期待がもてます。

そのほかにオンラインでも、きめ細やかな対応ができることでゲストの宿泊体験価値が向上するということもメリットのひとつです。実際に導入した施設へのアンケートでは、チェックインに要する時間が3分の1に短縮された、人員配置数が90%短縮できた、ホテル運営に関わる人件費が49%削減できたなどの効果が報告されています。

顧客満足度向上

タビックとRemoteLOCK(リモートロック)を連携させることでシステムがクラウドにつながり、現地でのカギに関するトラブル管理や顧客の入退室管理などの業務は、スタッフが現地にいなくても対応できるということも大きなメリットです。

リクリエでは、2017年から日本国内でのRemoteLOCK(リモートロック)のサービスを開始し、ホテルをメインとした宿泊施設や時間貸しスペースにおける、キーレスによる業務効率化を提供しています。キーレスにすることで、部屋のカギを持ち歩くわずらわしさや、カギを紛失するかもしれないという不安感から解消されるため、顧客満足度が向上するというメリットがあります。

入退室管理システム「TOBIRA」との連携が可能

リクリエが運営する無人ホテルでは、入退室管理システム、TOBIRAをエレベータ制御システムとして国内で初めて導入しました。TOBIRAとは、ホテルのエントランスから客室につながるエレベータに、入退室管理機能を実装することで、宿泊者以外が不正に宿泊フロアに侵入することを防ぐものです。

TOBIRAを導入したことで、自由な入館とセキュリティの両立が実現しました。TOBIRAは、タビックと連携させることによりタビック上でチェックインが完了した宿泊者のみに、エレベータを呼び出すための暗証番号と客室用の暗証番号が提供されます。TOBIRAとRemoteLOCKを連動させることで、客室ドアも暗証番号で解錠が可能です。

まとめ

タビックとは、宿泊施設向けのタブレット型非対面チェックインシステムです。タビックは、日本語・英語・韓国語・中国語の4か国に対応していて、カメラ機能によりパスポート情報の確認や取得などができます。

タビックを導入するメリットは、フロント業務の無人化や省人化をすることができるため、人件費の削減ができることです。そのほかに、タビックとRemoteLOCK連携させることでキーレスにできるため、顧客満足度が向上するメリットもあります。また、TOBIRAとも連携が可能で、宿泊者以外が不正に宿泊フロアに侵入することを防ぐことが可能です。

Tabiq(タビック)の基本情報

会社名株式会社リクリエ
住所福岡県福岡市博駅前4-3-22産恵ビル 8階
電話番号092-292-3160

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

迷った方におすすめ!

【PR】FlexIN(フレックスイン)

FlexIN(フレックスイン)

フレックスインは、事前に登録をするだけで、宿泊者が自分でチェックインできるサービスです。利用者と事業者どちらの使いやすさも考えたサービスを提供しています。

フレックスインの大きな強みは、業界最安値で提供できることです。ランニングコストを大幅に抑えているので、宿泊者も利用しやすい価格になっています。

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは