スマートロックで民泊の運営がスムーズに!特徴を紹介
公開日: 2024/01/15
スマートロックで民泊の運営がスムーズに!特徴を紹介

スマートロックの導入で、民泊の運営がスムーズにできることを知っていますか。そもそも、スマートロックを知らない人も多いでしょう。実生活でも鍵を使って施錠していることが多いです。スマートロックを導入すると得られるメリットを、民泊の運営と絡めてみていきましょう。

スマートロックとは

スマートロックとは、スマホひとつで施錠や解錠ができるシステムのことです。慌てて家を出ても、鍵を締めたか不安になることはありません。スマホひとつで簡単に解錠でき、遠隔で操作できるのがポイントです。

スマホひとつで鍵が閉められる

スマートロックは、スマホひとつで簡単に操作が可能です。鍵を閉めるのもワンタッチなので、シリンダーに鍵を入れて、鍵を回すという工程が省けます。鍵が上下違うために、シリンダーに刺さらないというもどかしさから解放されます。右回し、左回しのどちらかを覚えていなくてもよく、手軽で誰でも施錠できるところが特徴です。

施錠忘れの心配なし

スマートロックにすると、施錠忘れの心配を減らせます。鍵を締め忘れたかもしれないと思ったことは数多くあるでしょう。しかし、スマートロックであれば、スマホの画面から施錠したのかを確認できます。施錠を忘れても、スマホの画面から施錠できるので、外出先でも安心です。

遠隔で操作できるのがポイント

遠隔で操作できるのもスマートロックの特徴です。スマホで操作できるので、いつどこにいても施錠や解錠できます。スマホを忘れたときに家族に開けてもらえるので、便利です。民泊でも、鍵を持たずに出かけられるので、オートロックであっても気にすることなく外出できます。

スマートロックを使うメリット・デメリット

スマートロックを使うメリットとデメリットを紹介します。

メリット

鍵の複製がされにくいことがメリットのひとつです。鍵は形どれば簡単に複製されてしまいます。宿泊施設として貸し出しているとはいえ、民泊は、鍵を複製されたら平和に過ごせません。鍵の交換費用もかかるので、経済的ともいえません。その点、スマートロックは複製されにくく何回も使えるので安心してシステムを使えます。

また、非対面で鍵が渡せるので、人件費を必要以上にかけなくて済みます。民泊で宿泊者が来る時間はバラバラです。チェックインの時間にずっとカウンターに座っていないといけないのは効率が悪い方法です。人件費がかかってしまうので、生産性も低いです。非対面であれば、必ず人が接客しなければいけない環境を変えられます。そのため、最小限の人で運営ができるのです。

デメリット

デメリットは、スマホがないと不便なことです。スマホは今では誰もが持っているツールですが、中にはガラケーや連絡手段を持たない人もいるでしょう。使いこなせないとスマホを使ったシステムは利用しにくいので、持っているだけでも不便を感じることがあるようです。スマホを忘れると鍵が開けられず不便さを感じます。

セルフチェックインシステムと連携するのがおすすめ!

セルフチェックインシステムと連携しておくと、効率のよいチェックインが行えます。宿泊者だけでチェックインできるので、24時間在中しなくてよいメリットもあります。

宿泊者だけで行えるチェックイン

セルフチェックインシステムと連携したスマートロックならば、宿泊者だけでチェックインが行えるので、簡単に早く終えられます。ホテルや旅館でも使えるシステム連携を民泊で取り入れることで、宿泊業の仕事効率化が期待できるでしょう。フロントでの待機時間を短くできるので、利用者側も速やかにチェックインできます。

スマートロックとの連携で効率UP

スマートロックと連携しておくことで鍵の受け渡しまでを無人で行えます。鍵は手渡しのため、人が常駐している必要がありました。しかし、スマートロックを導入すれば、鍵自体が宿泊者のスマホにあります。そのため、人が手渡しし、管理する必要がありません。結果的に作業効率や人件費などの効率が上がります。

24時間在中しなくても良い

スタッフが24時間常駐しなくてよいのは、働く側にとってメリットです。長時間勤務や夜間の人材を雇う必要がなくなるので、人件費削減につながります。防犯面でもピッキングなどで解錠される心配が少ないので、無人でも安心して営業ができるでしょう。

まとめ

スマートロックを導入することで、民泊の運営がスムーズに行えます。スマートロックとは、スマホを使って鍵を管理することです。施錠や解錠が手元のスマホからでき、手軽で誰でも操作可能です。遠隔操作もできるので、家庭で導入すれば鍵のかけ忘れも心配ありません。

民泊の運営には効率がアップできるメリットがあります。宿泊者だけで簡単にチェックインができること、鍵の受け渡しまでを無人で完結できることが例です。人件費も削減できるので、民泊の価格やサービスに反映できます。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは