民泊とゲストハウスの違いは?運営に向いているのはどんな人?
公開日:2024/04/15  
民泊とゲストハウスの違いは?運営に向いているのはどんな人?

宿泊業界で注目を浴びる民泊とゲストハウス、それぞれに独自の魅力と運営スタイルがあります。この記事では、民泊とゲストハウスの違いに焦点を当て、運営者として成功するための適性と特徴について探っていきましょう。どちらの選択が適しているのか、さまざまな視点から考察していきます。

民泊とゲストハウスの違いについて

観光業界が急速に変化する現代、宿泊施設の選択肢も増加しています。とくに、民泊とゲストハウスはそのなかで注目を浴びている選択肢です。民泊とゲストハウスは似ているように見えますが、実際にはいくつかの違いがあり、それぞれが独自の魅力をもっています。こちらで詳しく紹介します。

民泊の魅力

民泊は、主に住宅宿泊事業法に基づいて提供される宿泊施設のスタイルです。もっとも大きな違いは、ゲストがホストの住宅に滞在することです。ホストは自宅の一部屋または一棟をゲストに貸し出し、その収益を得ます。一組限定での滞在が一般的で、滞在期間中、ホストは清掃や洗濯などのサービスを提供しないことが多いです。ゲストは自由にキッチンを使用し、自炊をすることも一般的となっています。

民泊の運営時の注意点としては、住宅宿泊事業法に基づく規制があり、年間180日までしか営業できない制限がある点です。また、無人運営が多いため、ゲストとのコミュニケーションが限られることがあります。ホストは自宅を他人に預けることになるため、セキュリティやプライバシーの確保が大切です。

ゲストハウスの魅力

一方、ゲストハウスは、ゲスト同士やゲストとスタッフとの交流を重視した宿泊施設のスタイルです。多くの場合、ドミトリー(相部屋)を採用し、複数のゲストがひとつの寝室を共有します。スタッフはゲストとの交流をサポートし、楽しい体験を提供するのが彼らの役割です。

ゲストハウスの運営時の注意点は、宿泊単価が安く、薄利多売のモデルであるため、稼働率が非常に重要です。投資額は比較的少ない一方、ベッドや設備の増設に費用がかかるため、リスクが高まります。また、多くのゲストとの交流を重視するため、スタッフとゲストのコミュニケーションが不可欠です。

利用客の目的も理解しておこう!

旅行先での宿泊施設選びは、その旅の満足度に大きな影響を与えます。民泊とゲストハウスは、個性的な宿泊施設として人気を集めています。それぞれの利用客がもつ目的を理解し、その要望に適ったサービスを提供することが重要です。

民泊の利用客の目的

民泊を選ぶ利用客は、地元の文化や生活に触れたいという目的をもっています。家主滞在型では、ホストとの交流を楽しみ、現地での暮らしを体験したいと考える人が多いです。一方、家主不在型の利用客は、大人数で自由な滞在を望むニーズが見られます。自炊や長期滞在を楽しみたいと考えるゲストが多い傾向にあります。

ゲストハウスの利用客の目的

ゲストハウスを利用するゲストは、主に「安価な宿泊」と「他の旅行者との交流」を求めます。価格重視で、清潔で交流しやすい環境を重視する傾向が強く、他の旅行者との出会いや異文化体験を楽しみにしている人が多いです。

民泊かゲストハウスか?それぞれの運営に向いている人の特徴

宿泊業界で注目を浴びる民泊とゲストハウス、それぞれに独自の魅力と運営スタイルがあります。しかし、どちらを選ぶかは重要な決定です。それぞれの運営に向いている人の特徴を理解し、成功のカギを握りましょう。

民泊の運営者に向いている人

民泊は、ゲストに地元の文化や魅力を提供することが重要です。地元への愛情と地域の文化への深い興味をもつ人が民泊の運営に向いています。また、民泊は、ゲストとの交流が魅力のひとつです。運営者がホスピタリティに長け、ゲストを歓迎し、快適な滞在を提供できることが重要です。社交的でコミュニケーションが得意な人が民泊の成功に貢献します。

ゲストハウスの運営者に向いている人

ゲストハウスは、国際的な交流と異文化への興味が強い人に向いています。異国のゲストと交流し、異文化の環境で楽しむことが好きな方には最適です。柔軟性と異文化に興味をもつ人が、ゲストハウスの運営に向いています。また、ゲストハウスは基本的なサービスの提供が主体です。サービス提供が得意で、柔軟性をもって運営できる人にとって、ゲストハウスは成功のビジネスモデルとなり得ます。本業と両立させつつ、国際的な交流を楽しめます。

まとめ

宿泊施設の運営において、民泊とゲストハウスは異なる特性をもち、それぞれ向いている運営者の特徴も異なります。民泊は地元の文化や魅力をゲストに提供し、地域への深い愛情や文化への造詣が必要です。一方、ゲストハウスは低価格で交流を重視し、国際交流や異文化に興味をもつ柔軟性が求められます。

どちらの運営もお客さんのニーズを理解し、独自の特色を提供することが大切です。適切な運営者がそれぞれの施設を成功させるために、宿泊業を始める際には運営形態に合った特性をもつことが重要です。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事