ホテルにおすすめのセルフチェックインシステム3選
公開日: 2023/10/31 最終更新日: 2023/11/07

コロナ禍や人手不足の影響により、近年ではホテルなどの宿泊施設にセルフチェックインシステムを導入することが増えています。セルフチェックインシステムを導入することで、フロント業務の無人化・省人化や業務効率の向上を目指せるでしょう。そこで今回は、ホテルにおすすめのセルフチェックインシステムを厳選して3つ紹介します。

FlexIN(フレックスイン)

FlexIN(フレックスイン)のメイン画像

FlexIN(フレックスイン)の基本情報

会社名株式会社 情報創研
住所〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町17番9号箱崎升喜ビル5階
電話番号03-3669-4770

FlexINは、多機能でありながら低価格なセルフチェックインシステムです。ここでは、FlexINの特徴を紹介します。

業界最安値水準を実現した価格設定

FlexINは、業界最安値水準の1室あたり月額1,500円(税込)から利用可能です。現在のプランは基本プランのみですが、今後さまざまなニーズに合わせてプランを追加する予定となっています。FlexINを導入する際は、月額料金のほかに初期費用として5万円(税込)がかかります。そのほかに、オプションとして、初期設定サポート、タブレットレンタル、タブレットスタンドも用意されているので利用してみてはいかがでしょうか。

安くても安心の多機能性

FlexINは、日本語・英語・韓国語・中国語の4か国に対応していて、日本国内に住所を持たない外国人のパスポート画像の取得や、ビデオ通話による本人確認ができます。パスポートなどから取得した宿泊者のデータは、宿泊者台帳機能で一括管理できるようになっています。チェックイン方法やチェックアウト方法、宿泊者台帳の項目などはカスタマイズ機能により施設に合わせて設定可能です。

民泊以外でも利用できる

民泊以外でもFlexINは導入されていて、人と人をシステムでつなぎ、ビジネスを加速させるツールとしてさまざまなサービスで利用されています。たとえば、マンスリーマンションやレンタルスペース、企業内会議室などに導入されていることが多いです。気になる方はフォームで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

陣屋コネクト

陣屋コネクトのメイン画像

陣屋コネクトの基本情報

会社名株式会社 陣屋コネクト
住所〒257-0001神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24
電話番号050-3183-1303(代表)

陣屋コネクトは、顧客とのよりよいつながりをめざして開発されたチェックインシステムです。ここでは、陣屋コネクトの特徴を紹介します。

予約からチェックアウトまでスマホで完結できる

陣屋コネクトは、予約からチェックアウトまで一連の宿泊サービスをすべてスマホで完結できます。それにより、業務の省力化や非対面化、接客の効率化など、業務効率の向上を行うことが可能です。また、宿泊者側もプランやサービスをまとめ予約でき、ルームサービスや館内施設での注文も気軽できるため、顧客満足度の向上ができるというメリットがあります。

無料版も用意されているから安心

陣屋コネクトは無料版も用意されているため安心です。宿泊施設の運営に必要となる基本性能の予約管理・顧客管理・売上げ実績レポート・会計管理などが搭載された陣屋コネクトフリーは、初期費用・月額費用を無料で提供しています。そのほかに、必要に応じて導入できる陣屋コネクト Salesforce版もあり、ライトは1ユーザー月額固定費用660円(税込)から、フルは1ユーザー月額固定費3,850円(税込)から利用可能です。

500以上の施設で導入実績あり

現在、500以上の施設で陣屋ネクストは導入されている豊富な実績があります。陣屋ネクストはその豊富な実績から、働き方改革や地方創世のモデル事例として、政府機関や業界からも大きな注目を集めているチェックインシステムです。導入費用を無料化したことにより、多くの宿泊施設で導入が進み、宿泊施設がDX化に向け大きく進化することに貢献しています。

MujInn(ムジン)

MujInn(ムジン)のメイン画像

MujInn(ムジン)の基本情報

運営株式会社ユナイテッドコーポレーション/株式会社ゴールドバリュークリエーション
住所〒904-0101 沖縄県中頭郡北谷町上勢頭 550-4/〒901-2227 沖縄県宜野湾市宇地泊3丁目7番地1号 宜野湾ベイサイド情報センター ITオフィス5-2
電話番号0120-315-640

MujInnは、宿泊施設と宿泊者の両方の利便性を向上させるチェックインシステムです。ここでは、MujInnの特徴を紹介します。

宿泊施設の規模に限らず業務効率化を実現!

MujInnは、民泊から大規模ホテルまで幅広い規模の宿泊施設のフロント業務を、無人化や省人化できるチェックインシステムです。宿泊業の人材不足とインバウンド対応の課題解決のためにMujInnは開発されたため、宿泊施設の業務効率化と宿泊者とのコミュニケーションが円滑になり、利便性が高まります。

5か国語に対応

対応できる言語は、日本語・英語・韓国語・中国語・タイ語の5か国語で、コミュニケーションが円滑に図れるため、外国人の方でも簡単にチェックインが可能です。宿泊者のパスポートデータを簡単に取得できるので、インバウンド客に対する旅館業法対応も万全です。また、遠方からリモートで本人確認が行えるため、複数宿泊施設のフロント管理も一元管理できます。

時間もコストも無駄を徹底削減!

MujInnを導入することで、時間もコストも無駄を徹底削減することが可能です。たとえば、従来は担当スタッフ2名で、メールや問い合わせ対応、部屋割りなどの事務作業と顧客のチェックイン対応を行っていました。しかし、MujInnを導入することで1か月あたり約56時間かかっていた業務作業がゼロになり、人件費も約6万円かかっていましたがゼロになりました。

まとめ

ホテルにおすすめのセルフチェックインシステム3選は、FlexIN(フレックスイン)・陣屋コネクト・MujInn(ムジン)の3つです。FlexINの特徴は、業界最安値水準を実現した価格設定、安くても安心の多機能性、民泊以外でも利用できることです。

陣屋コネクトの特徴は、予約からチェックアウトまでスマホで完結できる、無料版も用意されているから安心、500以上の施設で導入実績があることが挙げられます。MujInnの特徴は、宿泊施設の規模に限らず業務効率化を実現、5か国語に対応、時間もコストも無駄を徹底削減することです。

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは