コスパ重視のセルフチェックインシステム3選
公開日:2024/03/26  最終更新日:2024/05/22
コスパ3選

セルフチェックインシステムとは、インターネットなどを用い、チェックイン手続きを自動で行うシステムです。必要な情報を事前に登録しておくことで、宿泊施設等に到着したときのスムーズなチェックインが可能です。

またフロント業務の効率化や人材不足の解消など、多くのメリットがあります。

この記事では、コスパ重視のセルフチェックインシステムサービスを3社紹介します。システム導入を検討している方は参考にしてください。

FlexIN(フレックスイン)

FlexIN(フレックスイン)のメイン画像

FlexIN(フレックスイン)の基本情報

会社名株式会社 情報創研(JSK)
住所〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町17番9号箱崎升喜ビル5階
電話番号03-3669-4770

FlexIN(フレックスイン)は、利用者が自分のスマホでチェックインに関する操作をすべて行えるセルフチェックインシステムです。実際に利用する人のユーザビリティを重視し、導入しやすいシンプルなサービスを提供しています。

「フレキシブルなチェックインで、リピーターの増える施設に」を目指すFlexIN(フレックスイン)の魅力や特徴について紹介します。

より良い運営ができる

FlexIN(フレックスイン)のセルフチェックインシステムを導入することで、「人手不足解消・人件費削減・経営効率化・顧客満足度の向上」という4つのメリットを得られます。

物件ごとに人を配置する必要がないため、人手不足が解消されます。また、スマホで情報登録してチェックインするため、事務作業も激減します。これにより人件費の削減が可能です。

物件とシステムが連動しているため、効率的な経営を行えます。さらに、スマホ操作でチェックインまでワンストップなため、わずらわしいやりとりから解放され、利用者のストレスも軽減されます。

これらの理由によりデメリットを解消できるため、よりスムーズな運営が可能になるでしょう。

多機能なのに低価格

FlexIN(フレックスイン)のシステムは、経費を削減しながらも数多くのサービスが利用できます。

ビデオ通話による本人確認や、宿泊者台帳・パスポートデータの取得がスマホでらくに完了します。多言語にも対応しているため、外国の利用者にも安心です。

一連の手続きはWEBブラウザ上で完結するため、ランニングコストを抑えられます。これにより、数多くの機能がそろった世界最安値水準のシステムを実現しています。

民泊以外にも導入可能

FlexIN(フレックスイン)は、人と人とをシステムでつなぎ、ビジネスを加速させるためのさまざまなサービスに導入されています。

ホテルなどの宿泊施設のほか、マンスリーマンション、レンタルスペース、企業内会議室でも活用可能です。どのようなシステムなのか気になる方は、ぜひ公式ホームページから問い合わせてみてください。

maneKEY(マネキー)

maneKEY(マネキー)のメイン画像

maneKEY(マネキー)の基本情報

会社名株式会社電縁(DENEN Co. Ltd.)
住所〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目27番30号新宿イーストサイドスクエア17階
電話番号03-5759-8955

maneKEY(マネキー)は、宿泊施設のチェックイン業務を省力化するloTソリューションです。loTソリューションとは、さまざまなものがインターネットにつながる状況のことをいいます。

マルチ言語やキーレスにも対応しているため、人材不足の解消と生産性の向上に期待できます。そんなmaneKEY(マネキー)の魅力や特徴について紹介します。

安心・安全・快適なチェックイン業務

maneKEY(マネキー)は、非対面でのカウンター業務が行えるスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証により無人でのチェックイン対応が可能になり、人材不足を解消することに期待できます。

maneKEY(マネキー)には、カウンター業務を自動化することで作業の効率化と省力化が図れるという特徴があります。AIによるパスポートの自動読み取りや本人認証機能が搭載されており、フロント業務がスムーズになります。

また、宿泊台帳とパスポートデータはクラウド上に保管されるため、台帳管理がしやすくなります。スマートロックとの連携ができるため、ルームキーの受け渡しを簡素化することも可能です。

非対面での接客により、施設と利用者双方の安心・安全にも貢献できるでしょう。

海外コールセンターサービス

maneKEY(マネキー)では、英語が話せる海外スタッフが常駐しており、インバウンドへの対応を強化することが可能です。日本語が話せないゲストともスムーズにコミュニケーションを図れるため、チェックイン業務を円滑に進められるでしょう。

また、コールセンターサービスを利用することで、宿泊施設の無人運営で義務付けられている対面、または同等の手段を使用した本人確認に対応できます。そのため、今まで無人運営できなかった施設でもmaneKEY(マネキー)を導入することが可能です。

スマホでさまざまな予約ができる

部屋に設置したQRコードをスマホで読み取ることで、さまざまな注文や予約が可能です。そのため、朝食時間の確認がいらなかったり、家族風呂の予約が簡単になったりなどのメリットがあります。

また、グランピング施設ではアクティビティの予約や備品などの貸し出し・販売が、スマホだけで完結します。清算はチェックアウト時にまとめてできるところもメリットといえるでしょう。

minpakuIN(民泊イン)

minpakuIN(民泊イン)のメイン画像

minpakuIN(民泊イン)の基本情報

会社名xxx (エイジィ) 株式会社
住所〒150-0002 東京都渋谷区一丁目3番15号BIZCORE渋谷5階
電話番号03-5937-2215

minpakuIN(民泊イン)は、民泊・ホテル宿泊のオンラインシステムです。loTを活用することで、特区民泊や民泊新法、旅館業法での合法的な民泊運営を支援してくれます。

運営会社であるエイジィ株式会社はプライバシーマークを取得しているため、個人情報の取り扱いにも信頼がおけるでしょう。そんなminpakuIN(民泊イン)の魅力や特徴について紹介します。

独自機能でスマート運営

minpakuIN(民泊イン)には、さまざまな独自機能があります。宿泊サイトから利用者の情報を自動で取得できるため、入力作業を軽減できます。

各種スマートロックの提携により、利用者ごとに暗証番号を自動出力するため、鍵の受け渡し業務が不要です。現地に設置したタブレットで決済できる「決済機能連携」が搭載されており、清算も手間なく行うことが可能です。

さまざまな業務の簡素化によりコストの削減も期待できるため、スマートな運営ができるでしょう。

民泊運営サポート

minpakuIN(民泊イン)では民泊運営のサポートに力を入れています。宿泊施設の無人運営は、条例により「対面に準ずる」個人認証が必要です。minpakuIN(民泊イン)では、無人チェックイン業務と映像によるオペレーターの本人確認により、安価での合法民泊運営を可能にしています。

利用者からのサイン取得により、契約締結が可能です。そのため、法令を遵守した運用を行えます。多くの事例・実績があるため、さまざまな運用方法を提案してもらえます。法令を守ってきちんとした民泊運営ができるため、気になる方は相談してみましょう。

24時間対応のコールセンター

日本の法令では、ICT機器による本人確認を行う際、対面に準じた形での本人確認を行わなければなりません。minpakuIN(民泊イン)では、24時間対応のコールセンターがあり、法令を遵守した本人確認が可能です。

また、コールセンターのオペレーターは4か国語(日本語・英語・中国語・韓国語)に対応しています。事前に対応言語を掲載するため、インバウンドなどによる集客にも期待ができるでしょう。

まとめ

セルフチェックインシステムは、宿泊施設などの受付業務を自動で行うシステムです。そのため、繁忙期の業務効率化が図れます。

ホテルや旅館などの人材不足解消にも期待できるため、チェックインやチェックアウト業務を効率化することで人件費を削減し、コスト削減にも貢献できるでしょう。

また、マンスリーマンションや会議室などさまざまな場所で活用できるため、メリットの多いシステムといえます。

この記事を参考に、施設と利用者の双方に快適な環境をもたらすセルフチェックインシステムのメリットを知り、最適なシステムを選んでもらえたら幸いです。

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは