民泊運営代行業者とは?依頼するメリットや費用相場を解説!
公開日:2023/10/31  最終更新日:2023/11/07
民泊運営代行業者とは?依頼するメリットや費用相場を解説!

民泊は住宅などの空き部屋を使ってすぐに始められる簡易宿泊業です。ただし、空き部屋のオーナーが自ら民泊の運営をすると、手間と時間をとられて上手くいかないかもしれません。そんな時に使えるのが、民泊運営代行業者です。今回は、民泊運営代行業者に依頼するメリットについて詳しくご紹介します。

民泊運営代行業者とは

民泊運営代行業者とは、どんな業者なのでしょうか?こちらでは民泊運営代行業者について詳しくご紹介します。

民泊運営代行業者とは何か?

民泊運営代行業者とは、民泊施設のオーナーに代わって民泊の運営をやってくれる業者のことです。

民泊運営代行業者はどんな業務をやってくれるのか?

民泊運営代行業者に依頼すると次の民泊業務を代行してくれます。

・民泊営業の許認可の届出業務全般

・家具家電の設置

・宿泊施設内の利用マニュアルの作成

・民泊予約サイトへの登録

・SNSなどでの集客活動

・宿泊予約の管理業務

ただし、民泊運営代行業者によってできるサービスが異なります。サービスの内容については実際に民泊運営代行業者に詳しく問い合わせてみましょう。

民泊運営代行業者の2つのタイプとは?

民泊運営代行業者には、次の2つのタイプがあります。

・完全運営代行

完全運営代行とは、すべての民泊業務を民泊運営代行業者に丸投げするサービスのことです。オーナーは、民泊の通常業務に一切関与する必要がありません。

・部分代行

部分代行とは、清掃のみを民泊運営代行業者にやってもらうサービスのことです。チェックイン業務、その他はオーナー、またはスタッフがやらなければなりません。

民泊運営代行業者に依頼するメリット・デメリット

民泊業務の運営を民泊運営代行業者に依頼するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?こちらでは民泊運営代行業者に民泊業務を依頼するメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

民泊業務にフルコミットしなくてよい

1つ目のメリットは、民泊業務にフルコミットしなくてよいことです。現在、民泊を始めるオーナーのほとんどは、民泊を本業でやりたい方よりも副業で始めたい方が大半です。そのため、本業に支障がでることを嫌がります。

ところで、民泊運営代行業者に依頼すると、オーナーはすべての民泊業務を丸投げできます。そのため民泊業務にフルコミットしする必要はなく、本業に専念することが可能です。

トラブルに対応しなくて済む

2つ目のメリットはトラブルに対応しなくて済むことです。民泊はさまざまなタイプの宿泊者が利用します。ただし、ごく一部の宿泊者様のなかにはトラブルを起こす方がいます。もし、民泊でのトラブルにいちいちオーナーが対応すると大変です。

民泊運営代行業者に依頼していると、オーナーに代わりすべてのトラブルに対応してくれます。オーナーは、一切トラブルに関与する必要がありません。

代行費用がかかる

1つ目のデメリットは、代行費用がかかることです。当然ですが、民泊運営代行業者に依頼すると代行費用が発生します。依頼すると丸投げできますが、もしも宿泊者の利用が少ない場合は代行費用が上回ってしまうかもしれません。そうなると、売り上げをすべて民泊運営代行業者にもっていかれ何も残りません。また、続ければ続けるほど赤字運営になり損金が積み上がっていきます。

ノウハウが貯まらない

2つ目のデメリットは、ノウハウが貯まらないことです。民泊運営代行を完全運営代行で依頼してしまうと、極端な話オーナーがやることは民泊運営代行業者に代行費用を支払うだけです。もちろん、最初から民泊運営のノウハウが必要がなければ問題ありません。ただし民泊運営でノウハウを獲得して、その他のビジネスに活かしたいと思っているオーナーにはデメリットになります。

民泊運営代行に依頼する費用相場

民泊運営代行に依頼すると、代行費用はどれくらいかかるのでしょうか?こちらでは民泊運営代行に依頼する費用の相場について詳しくご紹介します。

完全運営代行の費用の相場とは?

完全運営代行の費用の相場は、毎月の総売上の18%+毎月の掃除費5万円(税込)から依頼できます。

部分代行の費用の相場とは?

部分代行の費用の相場は、月額9,900円(税込)から依頼することが可能です。ただし業者によって、完全運営代行の費用・部分代行の費用は異なります。詳しくは民泊運営代行業者に問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

民泊運営代行業者に依頼するメリットについてご紹介しました。民泊運営代行業者に依頼するメリットとはオーナーがフルコミットしなくてよいこと、トラブルに対応しなくて済むことです。民泊運営は副業との相性がよいビジネスです。

また、通常の運営も民泊運営代行業者に依頼できることからかなり始めやすいビジネスといえます。本記事が民泊運営代行業者に依頼するメリットについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは