ホテルの無人化を可能にするセルフチェックインシステムについて紹介!
公開日:2024/06/15  
ホテルの無人化を可能にするセルフチェックインシステムについて紹介!

ホテル業界では近年、革新的なシステムの導入により無人化が進んでいます。従業員の労力軽減やサービス向上を実現するため、セルフチェックインやスマートロックなどが採用され、24時間対応が可能になります。本記事では、セルフチェックインシステムがもたらすメリットや未来のホテル体験について探ります。

無人ホテルが増えている理由は「セルフチェックインシステム」

近年、無人ホテルが急速に増加しています。その背後にある主要な理由のひとつが、セルフチェックインシステムの導入です。この技術の普及により、宿泊施設は従来のフロントデスクにスタッフを配置する必要がなくなり、宿泊客はスムーズかつ効率的にチェックインできるようになりました。

セルフチェックインシステムとは?

セルフチェックインシステムは、宿泊客が自ら宿泊手続きを行うための革新的なテクノロジーです。伝統的なフロントデスクでの手続きを担当する必要がなくなり、宿泊客はチェックインタブレットやスマートフォンを使って簡単かつすばやくチェックインが可能です。これにより、待ち時間が短縮され、宿泊客は快適で円滑な滞在を楽しむことができます。

なぜ無人ホテルが増えているのか?

人手不足が深刻化するなか、セルフチェックインシステムを導入することで施設は人員のコストを抑えつつ、24時間対応を可能にしました。宿泊客は任意の時間に自由に宿泊先を選択し、手続きを行うことができるため、柔軟性と利便性が向上しました。これにより、宿泊施設は常に顧客の期待に応えることができるようになり、競争力を強化しています。

セルフチェックインシステムを利用するメリット

セルフチェックインシステムは宿泊客が自ら手続きを行い、スムーズなチェックインが可能なシステムです。そのメリットは多岐にわたります。

従業員の労力軽減

セルフチェックインシステムの導入により、従業員はフロントデスクでの手続きにかかる時間や労力を軽減できます。これにより、スタッフはより質の高いサービス提供やほかの業務に集中できます。

待ち時間の短縮

宿泊客はセルフチェックインを利用することで、従来の待ち時間を大幅に削減できます。疲れた旅行者や急なスケジュール変更の際にも、迅速な対応が可能となり、快適な滞在が実現します。

24時間対応

セルフチェックインは常に利用可能であり、従業員の勤務時間に縛られません。これにより、宿泊施設は24時間対応が可能となり、柔軟なサービス提供が期待できます。

コストの削減

フロントデスクでの従業員配置が不要になることで、宿泊施設は人件費の削減が実現されます。また、セルフチェックインシステムの導入コストは一時的なもので、その後の運用においてはコストの節約が期待できます。

感染予防対策

新型コロナウイルスの影響を受け、セルフチェックインは感染予防対策にも有効です。従業員と宿泊客との接触が最小限に抑えられ、安心して宿泊できる環境が提供されます。

顧客満足度の向上

セルフチェックインは手続きの簡便性やスピード感を宿泊客に提供し、顧客満足度の向上に寄与します。宿泊者は自分のペースで手続きを進め、ストレスなく宿泊を楽しむことができます。

セルフチェックインシステムで気をつけること

宿泊施設がセルフチェックインシステムを導入する際には注意が必要です。以下では、セルフチェックインシステムを導入する際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

セキュリティの確保

セルフチェックインシステムは個人情報や支払い情報を扱うことがあります。導入前に充分なセキュリティ対策が整っているかを確認し、宿泊者のデータが安全に取り扱われることを保証する必要があります。

ユーザーフレンドリーな設計

システムの利用が難しいと、宿泊者のストレスとなりかねません。セルフチェックインシステムは直感的で使いやすい設計になっているかを検討し、充分なトレーニングや案内を提供することが重要です。

サポート体制の整備

システムに不具合が生じた場合や宿泊者が操作に戸惑った場合には、スムーズなサポートが不可欠です。導入前に充分なトラブルシューティング手順やサポート体制を整備し、円滑な運用を確保するべきです。

緊急時の対応策

災害や緊急事態に備え、セルフチェックインシステムによる宿泊者の適切な案内や対応策を事前に計画しておくことが必要です。宿泊者が安心して施設を利用できるような対応策を検討しましょう。

法令や規制の遵守

システムの運用にはさまざまな法令や規制が関与します。個人情報保護法や消防法など、地域や業界に応じた法令を遵守し、問題ないようにシステムを構築・運用することが求められます。

まとめ

ホテルの無人化が進んでいる要因はセルフチェックインシステムです。このシステムの採用により、従業員の労力軽減や待ち時間の削減、24時間対応が可能になりました。同時に、セキュリティ確保やユーザーフレンドリーな設計、サポート体制の整備が不可欠です。これらの要素を検討し、宿泊者と施設の利便性向上と安全確保が同時に進むことが求められています。

 

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは