Airbnbのホスト必見!チェックイン時の本人確認はどのようにすべき?
公開日:2023/10/31  最終更新日:2023/11/07
Airbnbのホスト必見!チェックイン時の本人確認はどのようにすべき?

ホテルへのチェックインの時には、一般的にフロントから本人確認されます。本人確認ができないと、ホテルには泊まれないかもしれません。そのため、本人確認は重要です。では、ホテルのチェックインはどのようにすればよいのでしょうか。今回は、チェックイン時の本人確認の進め方について詳しくご紹介します。

そもそもチェックインでの本人確認はなぜ必要なのか

一般的に、ホテルにチェックインする時には本人確認がされます。こちらではチェックインでの本人確認はなぜ必要なのかについて詳しくご紹介します。

チェックインで本人確認が必要な理由とは?

ホテルでのチェックインで本人確認が必要な理由は、旅館業法で義務付けられているからです。旅館業法によると、宿泊施設の運営者側と宿泊者側のそれぞれに本人確認をするための措置を義務付けています。もし、宿泊施設の運営者側が義務を怠ると「旅館業法違反」になります。

チェックインでの本人確認で記入すること

ホテルでのチェックインで本人確認で記入するには、最低でも宿泊者の氏名・住所・職業を記入しなければなりません。また、そのほかに厚生労働省令で定める事項がある場合にはそちらも記入する必要があります。

ホテルのチェックインで本人確認に必要な書類とは何か?

一般的にホテルのチェックインで本人確認に必要な書類は次の通りです。

・マイナンバーカード

・運転免許証

・運転経歴証明書

・パスポート

・在留カード

・特別永住者証明書

・海技免状等国家資格を有することを証明する書類

・障害者手帳等各種福祉手帳

・船員手帳

・戦傷病者手帳⑪官公庁職員身分証明書

などです。基本的には1つの書類だけで、本人確認ができる本人確認書類を用意しなければなりません。最低でも書類には本人の氏名・住所・写真が確認できる必要があります。

本人確認はどのように進めるべき?

ホテルでのチェックインの時の本人確認は、どのように進めるべきなのでしょうか?こちらでは本人確認の進め方について詳しくご紹介します。

本人確認の進め方とは?

ホテルでのチェックインの時の本人確認の進め方は次の通りです。

・ホテルのフロントで、宿泊者は予約者名を伝える

・ホテルのフロント側は、予約システムを見ながら予約確認を行う

・宿泊者の申請通りの予約者名が見つかったら、ホテルのフロント側は宿泊者に本人確認のための書類の記載と本人確認書類の提示を求める

・宿泊者は本人確認のための書類の記載と本人確認書類の提示をする

・ホテルのフロント側が、本人が記載した書類・本人確認書類の両方を確認して問題がないかを確認する

ホテルのフロント側が、両方を確認して問題がなければホテルでのチェックインの時の本人確認はすべて完了です。本人確認書類は、ホテルでのチェックインの時の本人確認の時には必ず携帯しておきましょう。もしその場で、手元にないとチェックインができないかもしれません。

ICTを活用する場合は一定の要件を満たす必要がある

ホテルでチェックインをする時に、ICTを活用する場合は一定の要件を満たす必要があります。ここでは、ICTを活用する場合の一定の条件について詳しくご紹介します。

ICTとは何か?

ICTとは、一般的には通信技術を活用したコミュニケーションのことです。ICTを一言でいうと、ITを活用する方法のことです。

ICTはどんなサービスに利用されているのか?

ICTは、ITの通信技術が使われているサービスにはほとんど利用されています。主に次のようなサービスです。

・SNS・チャット・メール・オンライン映像でのコミュニケーション

・一般サイト・ECサイト

・スマホ・タブレット・パソコン・ウェアラブルデバイス

・金融機関でのATM

・ネットバンク口座、ネット証券口座、仮想通貨口座での取引

・電車やバスに乗る時に使う電子パス

このようにITやデジタルを使うものであればほぼICTは利用されています。

ホテルでのチェックインにICTは導入されているのか?

現在、ホテルでのチェックインにもICTは導入されています。さまざまなタイプがありますが、基本的にはオンラインチェックインです。オンラインチェックインとは、宿泊者のスマホやタブレット、または宿泊施設側のタブレットやパソコンを使ってチェックインすることです。ただし、ホテルでのチェックインにICTを活用するには一定の条件があります。

チェックインにICTを活用する場合の一定の条件とは何か?

チェックインにICTを活用する場合の一定の条件は、おもに次の2つです。

・宿泊施設側が宿泊者の顔が見えるテレビ電話、宿泊者が本人情報を入力できるデバイス、本人確認書類を撮影できる設備の用意をすること

・宿泊施設側から宿泊者の本人の顔がわかる設備、本人確認書類の入力情報がわかる設備、本人確認書類の画像を確認できる設備、またこれらのすべてのデータを保存することが可能な設備を用意すること

ICTを活用する条件とは簡単にいうと、これまで手動で行っていたフロントでの本人確認をデジタルを使ってできる設備と能力を用意しなければならないということです。

まとめ

今回は、チェックイン時の本人確認の進め方についてご紹介しました。チェックイン時の本人確認の進め方は、宿泊者はホテルのフロント側に本人確認のための書類の記載と本人確認書類の提示を行い、両方を確認して問題がなければホテルでのチェックインは完了します。

以前であれば、ホテルのフロントで人同士で本人確認を行っていました。ところが今後は、非接触型のチェックインを希望するご利用者様が増えることが予想されます。そのためホテルでのチェックインにICTが導入されることが考えられます。本記事がチェックイン時の本人確認の進め方について詳しく知りたい方に届けば幸いです。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは