陣屋コネクト
公開日:2023/10/31  
陣屋コネクト

宿泊業におけるDX化は、大幅な効率向上をもたらす可能性があります。老舗旅館の経営改革を支援する陣屋コネクトは、これまでにない画期的なシステムです。このシステムを導入することで、効率的な顧客管理やスタッフ間の情報共有が実現でき、より高品質な宿泊サービスを提供できるでしょう。この記事では、陣屋コネクトの特徴をご紹介します。

医療機関や製造業などさまざまなシーンで活用できる

陣屋コネクトとは、宿泊業界向けに開発されたクラウド型の経営支援システムです。その名前の由来は、鶴巻温泉にある元湯陣屋からきており、元湯陣屋での成功体験をもとにして開発されました。陣屋コネクトの魅力は、その使いやすさと柔軟性にあります。多店舗展開している企業や施設にとっても適しており、業界を超えた多くの現場で活用されているのです。

医療機関での活用

医療機関では、患者情報の適切な管理が非常に重要です。陣屋コネクトは、患者情報を一元管理し、医療スタッフ間での情報共有を円滑に行うことができます。これにより、診療や治療に必要な情報へのアクセスが迅速化し、患者にとって適切な医療サービスが提供できるのです。また、予約管理も効率的に行え、患者の待ち時間を削減できます。医療機関にとって、効率化と品質向上は生命を守る重要な要素です。

製造業での効果

製造業においても、陣屋コネクトは多くのメリットをもたらしています。プロセスのデジタル化により、生産プロセスの効率化が可能です。製品の品質管理においても、陣屋コネクトは効果を発揮します。リアルタイムのデータ収集により、不良品の迅速な検出と品質向上が実現するのです。この結果、生産プロセス全体の品質が向上し、コスト削減につながります。

ほかの業界での活用

陣屋コネクトはこれらの業界だけでなく、多くの分野で活用されています。小売業では、個別の顧客への提案やリピーターの獲得に成功。レストランや料亭では、予約管理や在庫管理において効果を発揮し、顧客サービスの向上に貢献しています。

陣屋コネクトの機能

陣屋コネクトは、日々の業務を大幅に効率化するための機能を豊富に備えています。以下では、主要な機能の特徴について詳しく説明しましょう。

予約エンジン

陣屋コネクトの予約エンジンは、お客さんにとって使い勝手のよい予約システムを提供します。簡単な操作で予約が可能であり、自社のプランだけでなく他社のアクティビティ商品も含めて販売可能。さらに、ポイントプログラムを提供することで、顧客を囲い込むための手段としても活用できます。この機能を活用することで、予約関連の業務がスムーズに行え、収益の向上に貢献しているのです。

モバイルコンシェルジュ

モバイルコンシェルジュは、予約や注文、セルフ会計など、さまざまな操作をスマートフォンを使って行える機能です。QRコードを用いたチェックインとチェックアウトにより、スタッフとのキーの受け渡しが不要になり、滞在中の手続きがスムーズに進行します。

部屋内でスマートフォンを使ってセルフ会計が可能で、フロントでの待ち時間を軽減できるでしょう。さらに、スマートフォンを活用してルームサービスの注文や貸切風呂の予約も可能です。これにより、お客さんはストレスなく宿泊を楽しむことができ、同時にスタッフのオペレーションも効率化されます。

予約・顧客管理機能

陣屋コネクトは、予約情報や顧客情報を一元管理する機能を提供します。これにより、リピーター客に対して以前の情報を確認し、よりパーソナライズされたサービスを提供できるのです。業務のペーパーレス化により、情報の簡単な共有とアクセスが可能となり、業務全体が大幅に効率化されます。この機能を活用することで、より高品質なサービスを提供しながら、業務効率を向上させられるでしょう。

陣屋コネクトの料金について

陣屋コネクトを導入する際の料金について、以下で詳細に説明します。

フリーで導入する場合

陣屋コネクトのフリープランを選ぶと、初期導入費用や月額の固定費用は発生しません。代わりに、予約手数料として予約成立料金の2.4%がかかるのです。この2.4%は、予約手数料としてカード決済手数料をふくみます。フリープランの中には、陣屋コネクトAWS版が含まれており、予約管理、顧客管理、売上実績レポート、会計管理などの基本機能が利用可能です。フリープランを導入すると、店舗内のスタッフ全員がシステムを利用できます。

必要に応じて導入

フリーの範囲を拡張し、さらに便利な機能を利用したい場合、陣屋コネクトSalesforce版を検討できます。Salesforce版には、フル版とライト版の2つの選択肢があります。

フル版は1ユーザー月額固定費用は3万8,500円(税込)からスタート。このプランでは、社内SNS、シフト管理、勤怠管理、予約ポップ、タイムテーブル、予定表、ダッシュボード、清掃管理など、多彩な機能が利用できます。フル版を利用する場合、ひとりにつき1ライセンスが必要であり、初期費用やサポート料金も別途発生することになります。

ライト版は1ユーザー月額固定費用は660円(税込)から利用可能。このプランでは、社内SNS、シフト管理、勤怠管理などの基本機能が提供されます。ライト版も、ひとりにつき1ライセンスが必要となり、初期費用とサポート料金が別途かかります。

まとめ

今回は、クラウド型の陣屋コネクトシステムの特長について詳しくご紹介しました。陣屋コネクトを利用することで、顧客管理などの業務が大幅に効率化され、スタッフ間での情報共有が円滑に行えます。

さらに、タブレットを活用したチェックインにより、お客さんの待ち時間を軽減し、スタッフの負担を減らすことができます。これにより、顧客満足度の向上が期待できるでしょう。また、陣屋コネクトにはフリー版があり、初期費用や月額固定費用が一切かからず、30日間の無料トライアルも提供されています。

陣屋コネクトの基本情報

会社名株式会社 陣屋コネクト
住所〒257-0001神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24
電話番号050-3183-1303(代表)

【その他】セルフチェックインシステム

迷った方におすすめ!

【PR】FlexIN(フレックスイン)

FlexIN(フレックスイン)

フレックスインは、事前に登録をするだけで、宿泊者が自分でチェックインできるサービスです。利用者と事業者どちらの使いやすさも考えたサービスを提供しています。

フレックスインの大きな強みは、業界最安値で提供できることです。ランニングコストを大幅に抑えているので、宿泊者も利用しやすい価格になっています。

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは