民泊経営者必見!民泊向けの補助金一覧
公開日:2023/10/31  最終更新日:2023/11/07
民泊経営者必見!民泊向けの補助金一覧

民泊経営を維持したいけれど、資金繰りが難しいとお悩みではありませんか。民泊経営を離脱する理由の大半は、資金不足だといわれています。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、民泊経営で受けられるさまざまな補助金について解説します。この記事をお読みいただき、民泊の安定経営に活かしてください。

民泊運営で受け取れる補助金の種類

競争の激しい民泊事業において補助金の活用は、必要不可欠です。ここでは、観光庁や地方自治体、民間団体など、さまざまな団体が運営する補助金の種類を紹介します。

観光庁での公募による補助金

観光庁では、不定期に観光事業者向けの補助金制度を公募しています。2019年には「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業の公募」として、無料Wi-Fiの整備、トイレの洋式化、国際放送設備やタブレット端末整備などの多言語対応に対する支援を実施しました。

観光庁の補助金は公募制となっており、必ず支給を約束するものではありませんが、一度補助金をもらっていても再申請が可能な場合もありますので、観光庁のホームページをこまめにチェックすることをおすすめします。

地方自治体での改修に対する補助金

各地方自治体でも民泊施設の改修に対する補助金制度を募集しているケースがあります。福井県坂井市では、宿泊施設の整備や古民家や空き家の改修費用の3分の2以内を支給しています。

また、石川県金沢市では、ホテル、旅館、簡易宿所などの内装工事やバリアフリー工事における経費合計額の3分の2を支給しています。民泊改修の必要性を感じているのであれば、民泊所在地の自治体が補助金制度を募集していないかチェックしてみましょう。

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が募集する補助金です。働き方改革やインボイス制度などの対応に取り組む企業の支援を目的としています。具体的には、サービス開発費用や、サービス向上に必要な設備投資費用などを支給しています。

IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者などが、ITツールを導入する経費の一部を補助し、業務効率化や売上アップをサポートする補助金です。自社の強みや弱みを分析したうえで、需要に合ったITツールを導入し、経営力の向上や強化を図ることを目的としています。

IT導入補助金の要件

IT導入補助金の補助対象は、通常枠、セキュリティ対策推進枠、デジタル化基盤推進枠に分かれています。ここでは、民泊関連の適用が多い、デジタル化基盤導入枠の要件について解説します。

IT導入補助金の要件(デジタル化基盤導入枠)

IT導入補助金を受けるためには、既定の要件をクリアする必要があります。

補助対象者については、小規模事業者のうち宿泊業であれば、従業員20名以下の決まりがあり、補助額については、PC、タブレット、プリンター、スキャナ、複合機の導入であれば2分の1まで補助かつ10万円以下、POSレジ、モバイルPOSレジ、券売機であれば2分の1まで補助20万円以下と決まっています。

また、申請方法は書面では受け付けず電子のみとなっています。

感染症対策用の補助金もある

観光庁は「宿泊事業者による感染防止対策などへの支援」を公表し、宿泊事業者がおこなう感染防止策の費用を支援しています。ここでは、感染症対策用の補助金について解説します。

感染症対策に資する物品の購入経費に対する補助

感染症対策に資する物品の購入経費として、感染症対策に要するサーモグラフィなどの必需品の導入費用や、感染症対策の専門家による検証費用などを補助対象としています。

前向き投資に要する経費に対する補助

前向き投資に要する経費として、ワーケーションスペースの設置やセルフチェックインシステムの導入費用などを補助対象としています。

補助率・補助額

補助率は「2分の1」、補助額は「各都道府県において施設の規模などに応じ段階的に設定できるものとし、大規模施設にあっては最大500万円までの支援を可能」と定めています。

また、一定の要件を満たした事業については、すでに支払い済みの費用についても補助対象とすること、各都道府県が地方創生臨時交付金などを活用し連携補助をおこなうことをそれぞれ認めています。

まとめ

今回は民泊向けの補助金について解説しました。民泊運営で受け取れる補助金には、観光庁公募による補助金、地方自治体の改修に対する補助金、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金、IT導入補助金などがあります。IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者などが、ITツールを導入する経費の一部を補助し、業務効率化や売上アップを支える補助金です。IT導入補助金を受ける要件は目的により細かく定められています。

また、感染症対策用の補助金もあり、サーモグラフィなどの導入費用や、専門家による検証費用、ワーケーションスペースの設置やセルフチェックインシステムの導入費用などが対象になっています。民泊経営の資金繰りでお困りであれば、ぜひこの記事にあるさまざまな補助金の活用を検討してみてください。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事