サイトコントローラーとは?PMSとの違いや導入のメリットを解説
公開日:2024/05/15  
サイトコントローラーとは?PMSとの違いや導入のメリットを解説

サイトコントローラーとPMSは、宿泊施設管理に重要な役割を果たす異なるシステムです。この記事では、それぞれの役割と導入のメリット、両者の違いに焦点を当てて解説します。サイトコントローラーやPMSがどのように業務を効率化し、宿泊施設の運営に貢献するのか、詳細を知るための参考にしてください。

サイトコントローラーとは

サイトコントローラーとは、ホテルや宿泊施設が複数の予約サイトやオンライン旅行代理店(OTA)で宿泊予約を管理し、効果的な運用を可能にするツールです。これらの予約サイトは、楽天トラベル、じゃらん、Expedia、Booking.comなど、さまざまなプラットフォームにまたがります。

ホテル経営者にとって、これらのチャネルを一元管理することは課題であり、サイトコントローラーはその課題に対処するために開発されました。サイトコントローラーは、以下のような機能をもっています。

複数の予約チャネルの一元管理

サイトコントローラーは、ホテルが複数の予約サイトを一括して管理できるため、予約の一元管理が可能です。これにより、同じ部屋を重複して予約してしまうダブルブッキングのリスクを最小限に抑えます。

在庫と料金の効率的な管理

サイトコントローラーは、客室在庫の管理と料金設定を容易に調整できる機能を提供します。ホテルはカレンダーを使用して日々の在庫調整をおこない、時期や条件に合わせて最適な価格を設定できます。

予約管理と分析

予約管理の面では、サイトコントローラーは予約情報や予約者の詳細情報を一元化し、効率的な運用を支援します。また、分析ツールを通じて予約チャネルごとの販売実績や部屋タイプごとの稼働実績を追跡し、戦略的な意思決定をおこなうのに役立ちます。

PMSとの違いを解説!

サイトコントローラーとホテル管理システムであるPMS(Property Management System)は、宿泊業界における重要なソフトウェアですが、それぞれ異なる機能と役割を担っています。PMSは宿泊施設の宿泊部門を管理するシステムであり、フロントエンド業務を効率的に管理します。部屋割り、清掃スケジュール、請求書の発行、顧客情報の管理など、宿泊に関連する多岐にわたる業務を一元管理できます。

PMSには、オンプレミス型とクラウド型の2タイプがあり、それぞれに特徴があります。オンプレミス型は初期費用がかさむのに対し、クラウド型は初期費用が低く、セキュリティ対策が万全で、リモートアクセスも可能です。

このように、PMSは宿泊業務を内部で管理する一方で、サイトコントローラーは外部の予約サイトや販売チャネルを一元管理できます。両者は互いに連携してホテル運営をサポートするため、どちらか一方だけを使うのではなく、両方を組み合わせて使用することが望ましいでしょう。この連携により、宿泊施設はより効率的な業務運営が可能となり、顧客サービスの向上にも貢献します。

サイトコントローラーやPMSを導入するメリット

サイトコントローラーとPMSの導入により、宿泊施設は顧客管理から予約管理、客室在庫管理まで幅広い業務を効率化し、顧客サービスの向上と経営の最適化を実現できます。そのため、サイトコントローラーとPMSの導入は、業務の効率性や顧客サービスの向上に大きなメリットをもたらすでしょう。こちらでは、それぞれのメリットを紹介します。

サイトコントローラーのメリット

サイトコントローラーは、複数の予約サイトを一元管理するシステムであり、その導入にはいくつかの大きな利点があります。第一に、顧客の拡大と集客の増加が挙げられます。複数の予約サイトを一括管理できるため、宿泊施設がさまざまなオンラインプラットフォームに掲載されるため、多くのひとびとがアクセスしやすくなります。これにより、宿泊施設の知名度が向上し、予約数の増加が期待できます。

第二に、リアルタイムの客室在庫管理が可能になります。サイトコントローラーを使用することで、宿泊施設の予約状況や部屋の残数をリアルタイムで把握できるため、予約の適切な管理やダブルブッキングの回避が可能となります。

PMSのメリット

PMS(Property Management System)もまた、宿泊断面の管理を効率的におこなうためのシステムであり、数々のメリットを提供します。まず、予約管理の効率化があります。PMSを導入することで、予約受付、宿泊者情報の管理、部屋の割り当て、変更などが簡単かつ迅速におこなえます。これにより、スムーズな予約プロセスと顧客満足度の向上が期待できます。

また、部屋の状況や清掃の進捗を管理し、顧客情報を一元管理できるため、スムーズな運営と迅速な対応が可能となります。

まとめ

ここまで、サイトコントローラーとPMSの違いに焦点を当てて解説しました。サイトコントローラーは複数の予約サイトを一元管理し、集客増加やリアルタイムでの客室在庫管理を可能にします。一方、PMSは宿泊施設の内部業務を効率的に管理するためのシステムであり、予約管理や部屋の状況管理、顧客情報の一元化などのメリットがあります。

どちらも導入により業務効率が向上し、経営の効率化や顧客サービスの向上につながります。適切なシステムを選択・統合することで、宿泊施設は効果的な運営と収益の最大化を実現できます。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

おすすめのセルフチェックインシステム比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴多機能で業界最安値水準を実現。ゲストのスマホのみで完結するため導入費用が抑えられる!無人化事例が多数あり!一室運用から一棟、ドミトリーなど施設の形態に合わせた料金体系。チェックイン機能のほか、ゲストが宿泊中に欲しい情報をカスタマイズメニューに集約できる。透明性のある2つの料金体系。利用件数に応じた完全従量課金制と、部屋数に応じた月額固定料金。モバイルチェックイン機能つきのPMS。ホテル向けのためレシートプリンターや自動つり銭機との連携も可能。専用端末の設置を必要とせず、フロントを設置できない小規模宿泊施設、グランピングなどでも利用可能。
初期費用5万円~10万円~記載なし4万9,000円(チェックイン端末付き)10万円~1万5,000円~3万円
月額1部屋あたり1,500円~
お試し:デモあり
※要問い合わせ
ライトプラン:2,480円
通常プラン:基本料金5,000円(+建物の形態により追加で1部屋あたりの利用料を
加算)
お試し:記載なし
(1棟の部屋数により変動)
※1棟20部屋までの場合
BASIC:1,000円
PRO:1,500円
PREMIUM:2,000円
お試し:30日間無料トライアル
1部屋あたり
1~10部屋まで:2,400円
11~50部屋まで:2,000円
51~100部屋まで:1,500円

※チェックイン件数に基づく従量課金制も存在
お試し:オンラインデモあり
※要問い合わせ
2万9,800円~
お試し:記載なし
※1部屋あたりの価格
手動予約プラン:1,500円
PMS連携プラン:3,000円
抱き合わせプラン(PMS込み):6,100円
お試し:1か月無料トライアル
基本機能以外の
便利な機能・サービス
・サイトコントローラ連携における自動同期
・宿泊者情報の統計グラフを作成
・事前情報登録を終えたゲストの人数を表示
・自動メール送信機能
・チェックイン距離設定
・自動メール送信
・現地決済
・部屋割り機能
・タブレットとスタンドを支給
・自動メッセージ機能
・チェックイン構成設定
・チェックインゲスト管理
・自動部屋割り
・チェックイン完了時のメール送信
・部屋案内の表示
・清掃・収支・売上・予約管理
・自動メール送信
・レシートプリンター連携
・自動つり銭機、決済システム連携
・タブレットとスタンドを支給
・チェックイン・チェックアウト完了通知
有料オプション・初期設定サポート:4万5,000円~
・タブレットスタンド:要相談(複数タイプあり)
・24時間対応の本人確認オペレーター:《1室運用時》月額5,000円《2室以上》月額3,000円×部屋数・決済ソリューション連携:1室300円
・スマートロック連携:1室300円
・PMS連携

※以下PREMIUMプランのみの機能
・AI認証・ビデオチャットによる本人確認(PROは写真撮影のみ)
・CRM機能
・英語・日本語コールセンターサービス:初期費用1施設9万円+1部屋あたり月額1,200円~4,200円・24時間対応の本人確認オペレーター:月額3,000円×部屋数※PMS連携プラン、抱き合わせプランのみ
・予約情報自動取り込み
・チェックインURL自動送信
タブレット設置必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必須ではなく、ユーザーのスマホのみでも運用可能必要必要不要。ユーザーのスマホを使用
対応言語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語日本語・英語・中国語日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語日本語・英語・中国語・韓国語記載なし
連携可能な
スマートロック
RemoteLOCKRemoteLOCK などRemoteLock、KEYVOX、Keycafe、KEY STATION、ASSA ABLOY(アッサアブロイ)などRemoteLOCK、SESAME、SwitchBot、LINKEY PlusRemoteLock、LINKEY などRemoteLOCK、SESAME
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは