民泊の鍵はどうする?よくある受け渡し方法と注意点
公開日: 2023/10/31 最終更新日: 2023/11/08
民泊の鍵はどうする?よくある受け渡し方法と注意点

ホテルなどの宿泊施設よりも格安で宿泊ができる民泊。民泊のなかでも最近増えているのがセルフチェックインです。セルフチェックインとは、その名のとおりセルフでチェックインすることを指します。そこで「鍵はどうやって受け渡すの?」と疑問に思う方も多いでしょう。本記事では、民泊でよくある鍵の受け渡し方法と注意点を解説します。

民泊でのチェックイン方法

民泊でのチェックインは、有人チェックインと無人チェックインの2種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

有人チェックイン

有人チェックインは、ホテルなどの宿泊施設と同じように、民泊のスタッフがチェックインを受け付けるものです。ゲストが到着後、宿泊者名を確認して、鍵の受け渡しをします。有人チェックインの民泊の場合、常にフロントにスタッフがいることになるため、ゲストに何か困ったことがあったらすぐに対応できるのがポイントです。

無人チェックイン

無人チェックインは、フロントに人がおらず、冒頭でもお伝えしたセルフチェックインのスタイルです。セルフチェックインは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って大幅に増えました。また、ゲストがセルフチェックインすることで、人件費削減にもつながります。無人チェックインの場合、宿泊者情報や身分証の確認を事前に済ませておき、セルフチェックイン手続き完了後に鍵の受け渡しという流れになります。

民泊のチェックイン方法の種類

民泊で無人チェックイン体制をとっている施設の場合、どのように鍵を受け渡すのか気になる方も多いはずです。そこでここからは、民泊でのセルフチェックイン方法の種類をご紹介します。

キーボックス

入り口にキーボックスを設置し、キーボックスの中に鍵を入れておく方法です。ゲストは、キーボックスに暗証番号を入力して解錠し、鍵を受け取ります。民泊の鍵の受け渡し方法として、最も多く活用されている方法です。キーボックスの暗証番号を事前に伝える必要がありますが、シンプルな方法のため、ゲストにとっても非常にわかりやすいでしょう。

直接受け渡し

民泊の入り口やフロントでゲストと待ち合わせをして、直接受け渡す方法です。どんな人が宿泊するのか、ゲストと直接顔を合わせて確認できるため、安心できるでしょう。また、直接会話をすることでゲストからも好印象をもってもらいやすくなります。

スマートロック

スマートロックとは、スマートフォンを活用して鍵の解錠ができるシステムです。事前にスマートフォンに専用アプリをインストールしてもらい、伝えた暗証番号を入力して解錠してもらいます。スマートロックは、暗証番号の発行や鍵の有効期限をシステム上で設定できるため、ゲストごとに暗証番号を変えられるという特徴があります。そのため、セキュリティ面でも安心の方法です。

デジタルキー

デジタルキーは、ドアに設置されたパネルに暗証番号を入力して解錠する方法です。デジタルキーも、スマートロック同様システム上で管理ができるため、セキュリティ面で安心できます。

セルフチェックインシステム

最近注目されている鍵の受け渡し方法が、セルフチェックインシステムの導入です。セルフチェックインシステムは、ゲストが事前にインターネットからチェックイン手続きを行い、現地到着時に備え付け端末で手続きを済ませ、入館することを指します。セルフチェックインシステムはさまざまな種類がありますが、なかには、スマートロックと連携できるところもあります。

うまく解錠できなかったときの対処法・注意点は?

さまざまな鍵の受け渡し方法がありますが、ゲストがうまく解錠できないケースもあります。ここからは、ゲストがうまく解錠できなかったときの対処法と注意点を見ていきましょう。

事前に暗証番号を伝える

キーボックスやスマートロック、デジタルキーを採用する場合、事前に必ず暗証番号を伝えましょう。暗証番号がないと鍵が開けられない旨を説明し、どこかにメモをしておくなどして覚えておくことを伝えてください。

事前に解錠方法を丁寧に説明する

事前に解錠方法を丁寧に説明しておきましょう。文章でももちろんよいですが、説明動画があるとよりわかりやすいです。

解錠できないときの連絡先を伝える

万が一解錠ができなかったときのために、緊急の連絡先を伝えておきましょう。とくに、スマートロックやデジタルキーを採用している場合、システムから遠隔操作ができるため、何らかの理由で解錠できなくても安心です。

まとめ

民泊の鍵の受け渡し方法について解説しました。セルフチェックインは、感染症対策や人件費削減に大きなメリットをもたらします。鍵の受け渡し方法はさまざまなので、民泊のスタイルに合うものを選ぶとよいでしょう。

最近は民泊もデジタル化が進み、セルフチェックインシステムを導入する民泊も多くあります。鍵の受け渡し方法とセルフチェックインシステムを連携させることで、鍵の受け渡し以外のフロント業務もデジタル化させられるでしょう。民泊の鍵の受け渡し方法に悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

ホテル・民泊のフロント業務に不安やお困りごとはありませんか?

その問題セルフチェックインシステムで
解決できます!

セルフチェックインシステムは、宿泊者が自身のスマホや備え付けのタブレットを使用してセルフでチェックインできるシステム。

セルフチェックインシステムを使えばチェックイン業務のためにスタッフが常駐する必要なし。民泊ではフロントの 完全無人化も可能です。

非対面でのチェックインで宿泊施設の運営者だけでなくゲストの負担も軽減でき、快適性もアップ!

おすすめのセルフチェックインシステム6選をチェック

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは