民泊の清掃は自分でやる?代行業者に依頼した場合のメリットと費用相場
公開日: 2023/10/31 最終更新日: 2023/11/08
民泊の清掃は自分でやる?代行業者に依頼した場合のメリットと費用相場

民泊とは、一戸建てやマンションなどの一室を宿泊施設として旅行者に提供するサービスです。物件の所有者にとっては空き家や空き部屋を有効に活用できる、利用者にとっては割安で宿泊施設を利用できるといったメリットがあり、人気が急増しています。今回は民泊の清掃業務を代行業者に依頼するメリットや費用についてご紹介しましょう。

民泊の清掃を重視すべき理由

民泊をスムーズに運営していくには、清掃を重視するべきです。なぜ清掃を重視しなければいけないのか、こちらで解説します。

汚れやすいから

ホテルや旅館に宿泊した際に、食べ物や飲み物を客室に持ち込むことはよくあります。宿泊施設は、仕事や休暇、観光の前後に利用されることが一般的です。訪れたゲストはリラックスし、異なる環境で快適に過ごしたいと考えることが多く、食事や飲酒を楽しむこともあります。その際、食べこぼしや飲みこぼしが発生することがあり、宿泊施設内が汚れてしまうのです。

また、日常のように生活することから、髪の毛や水滴などのごみも発生します。民泊を運営する場合、施設が汚れたり散らかったりすることは避けられないことと考えるべきです。したがって、ゲストがチェックアウトした後に、次のゲストのために施設を徹底的に清掃することが求められます。

口コミに影響するから

近年、宿泊施設情報はインターネットで広く閲覧され、予約が行われています。民泊の情報を検索する際、多くの人々が口コミをチェックすることが一般的です。大手ホテルは多くの口コミが寄せられるため、ひとつの悪い口コミが全体に与える影響は比較的小さいでしょう。

しかし、口コミの数が少ない民泊の場合、ひとつの悪い評価でも、集客に悪影響をおよぼす可能性が高まります。清掃の行き届いた施設と清潔感がある環境は、ゲストの満足度に大きな影響を与えるため、持続的な集客につながるのです。したがって、きちんと清掃を行いましょう。

民泊の清掃で気をつけたいポイント

民泊施設の清掃は、ゲストが気にするであろうポイントを考慮し、以下のポイントに重点を置いて行うことが必要です。

汚れやすい水まわり

ゲストからの口コミでよく指摘される不満点は、水まわりの清潔さです。前のゲストの髪の毛や汚れが残っていると、新たなゲストは不快に感じるでしょう。シャンプーやボディーウォッシュのボトルがきちんと清潔であるか、蛇口や鏡に水垢や指紋がついていないかなど、すぐに目につく箇所は念入りに清掃することが重要です。

民泊では使われやすい家電

民泊では、ホテルのように食事が提供されないことが一般的で、ゲスト自身が備え付けの家電を使用することがあります。料理を自分で調理したり、地元の食材を楽しんだりするために、冷蔵庫、電子レンジ、シンク、食器などがよく利用されるでしょう。これらの家電や設備にほこりがたまっていないか、汚れがないか、前のゲストの使用後の状態を確認し、清掃を行いましょう。

第一印象が決まる臭い

寝室やトイレなど、前のゲストの使用感を消し去ることが重要です。掃除やベッドリネンの交換はもちろんですが、見落としがちなのが臭いです。たとえば、前のゲストがたばこを吸っていた場合、その臭いがなかなか取れないことがあります。トイレも見た目は清潔でも、臭いが残っているとゲストが不快に感じてしまうでしょう。

たばこの臭いやこもった臭いなどがないかを確認し、必要に応じて清掃と換気を行うべきです。さらに、空気清浄機や消臭剤を使用して、臭いに対処することも考慮しましょう。

個人清掃と代行業者の利用のどちらがよいか

民泊の運営において、清掃は非常に重要です。しかし、清掃に関する経験やスキルが不足している場合、清掃業務は大きな負担になることがあります。その際、個人での清掃作業と代行業者に依頼することも考えましょう。

代行業者に清掃を依頼するメリット

代行業者は専門的な清掃のスキルやノウハウを持っており、通常は適切な洗剤や掃除道具を持参してくれます。このため、個人が取り組むのが難しい汚れにも対処できるのです。

また、ゴミの分別や処理なども代行業者が行ってくれます。さらに、オプションとして嘔吐物の処理、草刈り、エアコンや空気清浄機のフィルター交換などを依頼可能です。これらの作業は個人で行うのが手間がかかるため、代行業者に頼ることで清掃業務の負担を大幅に軽減できます。

代行業者に清掃を依頼する場合の費用相場

代行業者に清掃を依頼する場合の費用相場は、部屋の広さや清掃内容によって異なります。たとえば、20平米の部屋で2人が宿泊する場合、費用相場は約7,000円前後です。部屋の広さが10平米増えるごとに約1,000円程度増加することが一般的。これは基本的な清掃料金であり、オプションで追加したい項目がある場合、その分の料金がかかります。

また、注意すべき点として、ハイシーズン(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始など)では代行業者の料金が通常より高くなるのです。ハイシーズンは宿泊施設にとって繁忙期であり、代行業者も忙しくなるため、料金設定が上昇します。料金を確認する際には、シーズンごとの料金変動も考慮に入れることが重要です。

まとめ

民泊はホテルや旅館と異なり、一軒家、アパート、マンションなどの宿泊施設を提供します。高級感はないかもしれませんが、独自の魅力やリーズナブルさ、利便性があり、多くの人に支持されているのです。民泊の運営を円滑に行うためには、施設の清掃が不可欠でしょう。

民泊は宿泊施設としての口コミが少ないことから、悪い評判が集客に悪影響をおよぼす可能性があります。部屋の稼働率を維持するために、きちんとした清掃が欠かせません。清掃に負担を感じる場合、代行業者に清掃を依頼する選択肢も検討する価値があります。

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは