民泊の経営は難しい?失敗しないためのポイントとは
公開日: 2023/10/31 最終更新日: 2023/11/08
民泊の経営は難しい?失敗しないためのポイントとは

最近、住宅の空室を利用した民泊が話題です。民泊は自宅など、現在建っている建物をそのまま利用できます。そのため、ホテルや旅館などの宿泊施設を1から建てるより簡単にできます。では、民泊の経営は初心者でもすぐにできるのでしょうか。今回は、民泊経営を失敗しないためのポイントについて詳しくご紹介します。

民泊の経営が難しいといわれる理由

一般的に民泊の経営は難しいといわれています。こちらでは、民泊の経営が難しい理由について詳しくご紹介します。

民泊新法による制限があるから

1つ目の理由は民泊新法による制限があるからです。日本では、民泊需要の増加をにらんで2018年に民泊新法が定められました。民泊新法は、民泊の年間営業日数が180日以内に制限されていることです。そのため仮に民泊を始めても、1年のうち6カ月間は民泊を営業できません。また自治体によっては、180日よりも短く制限が厳しい自治体があります。

もし180日以上営業したことがわかると、民泊新法違反になり、100万円以下の罰金や懲役になる恐れがあります。民泊新法による制限があることから民泊の経営は難しいということです。

営業するにはさまざまな費用がかかるから

2つ目の理由は、営業するにはさまざまな費用がかかるからです。民泊を営業するには、自宅の部屋や設備を民泊用にリフォームする費用や、民泊業務の運営費用、修理などのメンテナンス費用、宣伝広告費用などがかかります。さまざまな費用がかかることから民泊の経営は難しいといわれます。

観光需要の影響を受けるから

3つ目の理由は、観光需要の影響を受けるからです。現在民泊は、ホテル、旅館に次いで利用されています。海外からの宿泊者数は民泊全体の70%以上です。彼らが民泊を利用する理由はシンプルなサービスを受けられて安く泊まれるからです。

彼らが日本を訪れる目的は、東京オリンピックなどの大きなイベントがあること、円安の影響で安く日本旅行ができるからになります。現在のまま円安が続けば売り上げは伸びる可能性はありますが、逆に急激な円高に反転すれば観光需要が大きく下がります。観光需要の影響を受けることから民泊の経営は難しいでしょう。

民泊経営で失敗する人の特徴とは

民泊経営で失敗する人もいます。こちらでは、民泊経営で失敗する人の特徴について詳しく紹介します。

観光客がこない場所で開業する人

民泊で成功するコツは、観光客がよく訪れる場所で開業することです。逆に観光客が訪れない場所や、アクセスが悪い場所で開業してしまうと民泊経営で失敗する可能性が高くなります。

宿泊者のニーズを把握していない人

宿泊者のニーズを把握していない人は、民泊で失敗する可能性があります。宿泊者が自分の宿泊施設にたくさん訪れてくれるには、宿泊者のニーズをつかむ必要があります。もし宿泊者のニーズを無視して設定してしまうと、お客さんは誰もきてくれないかもしれません。民泊経営を成功させるためには、宿泊者のニーズを把握し、それに合わせたサービスを提供することが重要です。

集客ができていない人

民泊をするオーナー様によっては、宿泊施設を作ればお客様は勝手に来てくれると思っている方もいます。ところが何も集客をしていないと、宿泊者は民泊をやっていることを知りません。最低でも民泊予約サイトに登録をしましょう。さらにフェイスブック・インスタ・ツイッター・ティックトックなどのSNSを利用して集客活動をすることで広く民泊希望者に民泊施設を知ってもえます。

民泊経営で失敗しないためにできること

民泊経営で失敗しないためには、一体どうすればよいのでしょうか?こちらでは民泊経営で失敗しないためにできることについて詳しくご紹介します。

セルフチェックインシステムの導入

セルフチェックインシステムを導入することで、民泊経営の失敗を防げる可能性があります。民泊経営は、ホテルや旅館ほどではありませんが個人でやるには結構手間がかかります。

とくに手間がかかるのが、チェックイン業務です。オーナーがチェックイン業務を行うと、オーナーの時間が奪われます。セルフチェックインシステムを導入すれば、チェックイン業務を代わりに行ってくれます。結果、手間や人件費を削減でき、民泊経営が失敗しにくくなるでしょう。

セルフチェックインシステムとは何か?

セルフチェックインシステムとは、民泊でのチェックイン業務を宿泊者自身で完結できるシステムのことです。セルフチェックインシステムを導入するメリットは、民泊での宿泊者のチェックイン・チェックアウトにオーナー様が手間や時間をとられないことです。

まとめ

今回は、民泊経営を失敗しないためのポイントについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、民泊経営を失敗しないためのポイントとはセルフチェックインシステムを導入することです。セルフチェックインシステムを導入すると、民泊のオーナーは宿泊者の民泊施設へのチェックイン・チェックアウト業務をすべてシステムに丸投げすることが可能です。

そのため、宿泊者様の民泊施設での出入りに立ち会う必要がなくなり手間と時間を他の民泊業務に当てられます。本記事が民泊経営を失敗しないためのポイントについて、詳しく知りたい方に届けば幸いです。

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは