民泊におすすめのセルフチェックインシステム3選
公開日: 2023/10/31 最終更新日: 2024/03/15

セルフチェックインシステムの需要が高まっていることをご存知でしょうか。最近では、コストを抑えながら手軽に導入できるシステムが増えています。この記事では、民泊におすすめのセルフチェックインシステム3選を紹介します。セルフチェックインシステムの導入を考えている方は、参考にしてみてください。

FlexIN(フレックスイン)

FlexIN(フレックスイン)のメイン画像

FlexIN(フレックスイン)の基本情報

会社名株式会社 情報創研
住所〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町17番9号箱崎升喜ビル5階
電話番号03-3669-4770

FlexINは、お客様自身がスマートフォンでチェックインに関する操作を行う、セルフチェックインシステムです。

民泊施設のチェックイン方法

民泊施設で宿泊する場合もホテルと同様にチェックインの手続きが必要です。そもそもチェックインをする理由は、何日の何時から、誰が何名で何泊するのかなどを把握するためにあります。そのため、どこの宿泊施設にもチェックインは必要な手続きです。

また、チェックイン時には本人確認が必要でこれは法律でも定められています。本人確認をして宿泊者の情報を把握する理由は他にもあります。それは衛生面とセキュリティの観点からです。

衛生面

衛生管理として、もしも館内で食中毒や感染症が発生した際に感染経路を把握することで早期発見や感染拡大の防止につながります。

セキュリティ

宿泊者の本人確認をすることで犯罪の未然防止になり、万一犯罪が起きても加害者や被害者を早期特定に役立ちます。そして、警察官から宿泊者情報閲覧の要請があった際は基本的に応じる必要があります。

本人確認を怠ってしまうと住宅宿泊事業法の違反となり、30万円以下の罰金が課せられる恐れがあるため、本人確認は必ず念頭に置きましょう。

本人確認は原則対面である必要がありますが、対面と同様の効果があるチェックイン体制が整っていれば、タブレットやテレビ電話を使った非対面での本人確認も許可されています。

そのため、近年からフロントスタッフの作業負担軽減や人件費のコスト削減、サービスの効率化を目的としたセルフチェックインシステムを導入する施設が増えています。

民泊施設の場合、有人でのチェックインシステムと無人のチェックインシステムがあります。
メリットデメリットもあるため、それぞれ紹介します。

有人でのチェックインの場合

有人チェックインの場合は、スタッフがいるため通常のホテルと手続きは変わりません。施設に到着後、予約した名前を告げて本人確認した後、部屋の鍵を受け取ります。

フロントにスタッフがいるため、施設までの道に迷ったり、お部屋に何かの不具合があった場合、すぐに対応してもらえます。また、常にフロントスタッフがいるため宿泊日前に荷物を送りたい場合などは、ホテルが保管してくれるのもメリットです。

しかし、一部の施設では取違ミスや保管義務の関係で受付していない場合もあるため、事前に確認が必要でしょう。

有人チェックインのデメリットは、コロナウイルス感染による対面での接触があるでしょう。コロナウイルスも収束傾向にあり、マスクの着用も個人の自由となっています。

それは、施設側も例外ではなくマスクを着用しないスタッフも増え、コロナピークから徐々に感染症対策も緩和してきているでしょう。ある程度のソーシャルディスタンスを確保すれば、問題ないと言えますね。

他にも、混雑時の待ち時間の発生によりストレスを抱えてしまうデメリットもあります。特に部屋でゆっくりくつろぎたい人や荷物を部屋に置いて観光したい人などにとって、チェックイン時の待ち時間はストレスでしかないでしょう。

無人でのチェックインの場合

近年デジタルツールの導入などで民泊施設だけでなく、ホテルにもセルフチェックインを導入する施設が増えています。ホテル側のメリットは、人件費の削減や宿泊者のデータ管理、チェックインから入室までの効率化などが挙げられます。

一般的にホテルのチェックインは以下の流れがほとんどで民泊の場合も同じ流れでチェックインを行います。

・宿泊者情報の記入
・身分証の提出
・チェックアウト日や予約内容の確認
・お部屋の鍵の受け渡し

上記のようにホテルでは対面で手続きを行います。民泊では、事前に宿泊者名簿の提出や身分証の提出を求められる場合がほとんどです。しかし、セルフチェックインの場合だと上記の流れをすべてオンライン上で行われます。

民泊では、チャックイン日までに事前に宿泊者名簿を提出しているため、宿泊施設に到着してチェックインの手続きのみを行います。セルフチェックインの場合、ビデオカメラやテレビ電話などで本人確認を行う施設が多いようです。

無人での鍵の受け渡し

無人施設のセルフチェックインの場合、鍵の受け取り方や入室方法が想像できないでしょう。チェックイン後に鍵の受け渡しについて案内があります。

入室方法は、さまざまで主に以下のとおりです。

・キーボックスなどから鍵を取り出して入室する
・ドアに電子ロックが設置されておりデジタルキー番号を入力して開錠する
・スマホなどと連動してチェックインをし、スマホで開錠できるタイプ

もしも開錠できなかった場合、無人のため頼れるスタッフがいません。パニックにならないためにも、誰がやっても分かりやすいように施設側で準備が必要です。

・事前に暗証番号の案内
・開錠方法の案内(解説動画を準備している施設もある)
・万一開錠できなかったり、何かトラブルが起きた際の緊急連絡先

上記は予約完了時、もしくはチェックイン日の少し前に案内として届きます。あらかじめ解説動画などは、後回しにせず、視聴しておくと心配ないでしょう。基本的にどの民泊施設でも対応窓口を設けているため、直接電話でやりとりしながら操作を進めたり、遠隔で操作をしてくれます。

セルフチェックインのメリットは、人件費削減です。今まではスタッフが常駐していることが当たり前でしたが、お客様にチェックインしてもらうことにより、フロントに人員を割く必要がなくなり、運営の効率化につながります。

またお客様にとっても、待ち時間によるストレスがなくなり、スムーズにチェックインを済ませるだけでなく、施設によっては人件費のコストが浮いた分、リーズナブルな料金で宿泊できることもメリットと言えます。

そしてデメリットは、設置する際の費用がかかってしまうことです。セルフチェックインのタイプにもよりますが、精算機を複数設置することで、同時に複数のお客様のチェックインを済ませることが可能な反面、その分のコストがかかってしまいます。

フロントスタッフを常駐した場合の人件費と、精算機を設置する導入コストを比較した場合、フロントスタッフを常駐させた方がコストを抑える場合があるため、施設ごとに合ったチェックインタイプを採用すると良いでしょう。

お客様にとっても、慣れない土地に不安になってしまうため、詳しいフロントスタッフが常駐していないとなると、不信感を抱かせてしまう場合があります。何かトラブルが起こっても迅速に対応できるように、緊急連絡先の表示やコールセンターを設置しておく方が安心です。

FlexINとは

FlexINとは、ゲストの立場に立って考えられたセルフチェックインシステムです。空き時間にゲスト情報を入力できるため、スムーズにチェックインが可能です。施設に到着後は自分のスマートフォンでチェクインするため、受付に並ぶ必要はありません。ゲストの負担が少なくなることから、リピート率が上がることが期待できます。

シンプルかつユーザビリティの高い機能

FlexINは、実際に利用する方のユーザビリティを重視しており、事業者にとっても導入しやすいシステムとなっています。民泊だけでなくマンスリーマンションや企業内の受付など、さまざまな場面で活用することが可能です。本人確認もスマートフォンで簡単にでき、多言語に対応しているため、外国のお客様でも安心して利用できます。フレキシブルなチェックインが実現することで、リピーターの増える施設を目指せるでしょう。

プランと価格について

FlexINは基本プランのみで、基本料金は1室あたり月額1,650円(税込)です。圧倒的な月額コストの安さですが、導入コストが安いだけでなく、豊富な機能が搭載されているところが特長です。また、オプションとして初期設定サポートが4万9,500円(税込)、タブレットレンタルが2,970円(税込)で用意しています。さらに、タブレットを施設に設置して利用する場合のタブレット設置用スタンドも用意しています。

minpakuIN(民泊イン)

minpakuIN(民泊イン)のメイン画像

minpakuIN(民泊イン)の基本情報

会社名xxx (エイジィ) 株式会社
住所東京都渋谷区渋谷一丁目3番15号 BIZCORE渋谷5階
電話番号03-5937-2215

minpakuINは、民泊やホテル向けのオンライン受付システムです。施設に備え付けられたタブレット端末を使用することで、宿泊者自身でチェックインからチェックアウトまでをオンラインで完結できます。

24時間対応のコールセンターあり

minpakuINでは、24時間対応のコールセンターがあります。ビデオチャットにより、本人確認を確実に行うことが可能です。

minpakuINでできること

予約情報はminpakuINクラウドにて自動、または手動で入力します。宿泊台帳の入力項目はゲストが取得、チェックイン前に宿泊施設までの道順やチェックインコードなどが自動送付されます。また、現地では、タブレットを利用したクレジットカード決済も可能です。チェックアウト機能にて顧客のチェックアウトも確認でき、清掃依頼が自動メールで送付されます。遠隔および無人で実現できる豊富な機能により、フロント業務が削減され、人手不足の解消にも貢献します。

連携機能が豊富

minpakuINでは、便利機能が豊富に搭載されています。サイトコントローラー連携を行うと、宿泊予約サイトから取得した情報を自動で登録できます。宿泊者台帳入力フォームをゲストに送ると、事前に必要な情報を宿泊者から取得することも可能です。さらに、リモートロックなど、各種スマートロック連携もできます。

オープンセサミ

オープンセサミのメイン画像

オープンセサミの基本情報

会社名株式会社コモンプロダクツ
住所大阪本社:〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場1-12-3

オープンセサミは、民泊向けのセルフチェックインシステムです。民泊を運営していくうえで必要な情報を、細やかに管理できる便利なシステムです。

民泊向けの無人・オンライン受付システム

オープンセサミは、民泊向けの無人およびオンライン受付システムです。旅館業法での民泊運営を支援している民泊管理業者に向け、全施設の利用状況の一括管理をすることが可能です。また、チェックインの際には、宿泊者名簿を作成するための個人情報・本人確認・パスポートコピーの取得などが無人で行えます。

施設管理システム搭載

オープンセサミの管理システムでは、宿泊者名簿の管理だけでなく、リアルタイムのチェックイン状況を一括で確認できます。宿泊者自身で宿泊者名簿を事前登録することも可能なので、スタッフが登録する手間を省け、チェックインする時間の短縮にもつながります。また、スマートロック連携によりキーレスが実現しました。予約登録時には、鍵の解錠番号を発行し自動で宿泊者へ案内します。

初期費用無料!業界最安値がうれしい

オープンセサミの初期費用は無料です。タブレットの活用により初期費用と月額利用料を大幅に削減しています。AI顔認証機能を搭載しているチェックインシステムのなかでは、業界最安値といわれています。コストがかかるAI機能ですが、オープンセサミでは安価での提供が実現しました。簡単で安心、なおかつ安価に提供できる仕組みとなっています。

まとめ

民泊におすすめのセルフチェックインシステム3選を紹介しました。スマートフォンやタブレットを活用したセルフチェックインシステムならば、比較的低価格で手軽に導入することが可能です。

セルフチェックインシステムは、多機能で低価格なので経費を削減できます。業務の効率化や負担も軽減でき、売上アップにもつながるでしょう。機能やコストを比較しながら、施設に合ったシステムを選ぶことが重要です。

【その他】セルフチェックインシステム

セルフチェックインシステム関連コラム

セルフチェックインシステムおすすめ6選比較表

イメージ
会社名FlexIN(フレックスイン)minpakuIN(民泊イン)AirHost ONE(エアホストワン)maneKEY(マネキー)HOTEL SMART(ホテルスマート)SmartInn(スマートイン)
特徴
多機能で低価格!スマートフォンの簡単操作で経営効率化・顧客満⾜度の向上を実現!IoT導入で安価にコンプライアンス対応!独自機能でスマート運営!チェックインに加えルームサービス等おもてなしの案内も集約。ゲスト単価を向上!ホテルのほか、コテージ、一棟貸し、マンスリーホテルとさまざまなシーンに対応。ホテル運営のすべてを集約したPMS。ホテルの規模や運営形態に関わらず利用可能!導入に専用の端末は必要なし!簡単に導入可能なサポートシステム!
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
【PR】ゲストにも嬉しい!民泊の運営に役立つセルフチェックインシステムとは